第3回旅行は、グジャラートの中心都市アーメダバード
研修旅行で、アーメダバードの旅へ

 当社には、観光旅行でなく研修目的の旅行であることを前提条件に、僕のような各国派遣員に、一定の日数に限って、会社経費で旅行することを承認する制度がある。
 今回は、同制度を使って行った旅行で、事前学習した上、旅行の道中も文化教室の先生が英語で細かく説明をしてくれたので、とっても内容の濃い旅行だった。

 というわけで、第3回旅行記。


アーメダバードってどこ?
 今回の旅は、1泊2日だったのだが、まず旅立つ前にアーメダバードがどんなところかを調べてみた。

アーメダバード(Ahmedabad)
 インド最西部に位置するグジャラート(Gujarat)州の中心都市。
 人口450万人。
 グジャラート州は西をパキスタン、南西をアラビア海と接していて、歴史的には4000年前にハラッパ文明が発祥した地域でもある(但し現存する著名な遺跡は殆どパキスタンにある)。
 仏教文化が広まった同地域に、10世紀以降、ムガル帝国等のイスラム勢力が侵入、現在のヒンドゥー教・イスラム教混在の原型となった。

 最近の出来事としては、あまり宜しくないニュースが多い。
 2001年1月26日、同地域をM7.9の地震が直撃、アーメダバードを中心に30,000人以上の死者が出た。また、2002年以降、イスラム教徒とヒンドゥー教徒との間で相次いでテロ行為・暴動が発生、同年中に1,000人以上の死者を出す大惨事となった。

 現在のアーメダバード及び周辺地域は平穏(とゆぅか平和的な騒々しさ)、雑然とした雰囲気の中にも、歴史的文化的背景から様々な興味深い建築物がたくさんあった。
 また同地域一帯は一大工業地帯にもなっているそうな。
 (アグラみたいな空気の汚さは感じなかったけど。)



圧巻!階段井戸   日本の井戸とは違うぞ!

 1日目は、飛行機でアーメダバード入りして、マイクロバスで周辺地域を回った。

アダラジ・バブ
e0074199_14352510.jpg

 アーメダバード至近のアダラジ(Adalaj)にある階段井戸(Vav)を観光。
 日本のような井戸では無く、水の湧き出る場所に向かって階段をつくり、その周囲を神殿みたいに彫った一種の建物みたいになってる。壁面には大掛かりな彫刻を模してある。
e0074199_14362669.jpg

 慢性的に降雨量の少ない同地域で、水は貴重視され、それが宗教崇拝と結びついて、神殿のような建築物になったんだそうな。
 この傾向はヒンディー文化からイスラム文化に変わっても続いて、やがて上級貴族や上位
カースト者の集う場所となっていった。
 このアダラジ・バブは、15世紀前後に建築されたもので、その後同地域がイスラム勢力に侵略された際も、地中に埋没していたため然したる被害を受けずに綺麗に残ったらしい。
e0074199_1437773.jpg

e0074199_14373189.jpg



モデラの太陽寺院
e0074199_1441674.jpg

 お次は、アーメダバードに程近いモデラ(Modhera)にある太陽寺院(Sun Temple)へ。
 このヒンドゥー寺院には、階段井戸が併設されており、とても大規模な宗教施設だったことが分かる。
e0074199_14415556.jpg

 お堂の中の太陽神を祀ってある場所は、春と秋の決まった日(春分・秋分だったかな)に朝日を浴びるように設計されており、建築は実に巧妙かつ精巧。
e0074199_14421592.jpg

 11世紀に建築されてものとされ、その後侵攻してきたイスラム勢力によって、多くの彫刻の顔が削り取られてしまっている。所謂、廃仏毀釈ってやつですな。


ラニキ バブ 
e0074199_423097.jpg

 こちらは、アーメダバードの北北西約100kmに位置するパタン(Patan)の階段井戸(Raniki Vav)。
 パタンは、イスラム勢力に征服されるまで長くヒンドゥー教の中心地であり、この井戸は残存する数少ないヒンドゥー建築物となっている。前述のアダラジ・バブ同様に、ヒンドゥー彫刻が取水地点に向かう通路の壁面に施されていた。ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァの三大神はじめヒンドゥー教に登場する数々の神が壁面に彫られており、その中にブッダの彫刻も見受けられる。仏教自体がヒンドゥー教の一宗派であるというヒンドゥー教の宗教観を如実に表していて興味深い。
e0074199_5291823.jpg


 また、同地域はPatora手織物でも有名で、半年~1年かけて作られるサリー(インドの女性用衣類)は数十万円もするという。


グジャラート料理 
 アーメダバードに戻り、グジャラート料理を食す。
 同地域の料理の特徴は、殆ど全ての料理について砂糖での味付けがベースになっている点で、野菜炒めや御飯が甘いのはもとより、カレーの類まで甘い。
e0074199_5331083.jpg




 ・・・・ホテル泊・・・・


 公営観光協会によるアーメダバード市内観光ツアーに参加。その後、マイクロバスにてSabarmat Ashramに移動・観光、飛行機にてDelhiに戻る。

アーメダバードの興り
 アーメダバードは、アーメド=シャー(Ahmed Shah)王が同地を通りかかった際にウサギが犬(キツネ)を追いかける勇敢な様を見て気に入り、1411年に市街を建設したのが始まりとされている。

アーメダバードの町並み
 表通りは、小さな商店が立並び、また数多くの牛が闊歩し、雑然としている。
e0074199_5514426.jpg

e0074199_5523118.jpg

 裏通りは、小さな住宅が長屋状に連なり、その中にヒンドゥー寺院(マンディル)、イスラム寺院(モスク)、ジャイナ教寺院がひっそりと配置されており、今も生活の中心になっているようだ。
 住宅は、それぞれヒンディー文化時代、イスラム文化時代、イギリス植民地時代に建てられた見栄えの違うものが混在していて、日本では見られない多様性を感じる。

スワミ・ナラヤン寺院(Swami Narayan Temple)
 1850年に建てられたヒンドゥー寺院で、今も毎朝多くの教徒が参拝を行っている。
e0074199_554152.jpg


ハシー・シン寺院(Hathee Singh Temple) 
 ジャイナ教寺院。ジャイナ教は、ヒンドゥー教の一宗派に位置付けられ、「非暴力」「不殺生」の考えを究極的に追求する考えを持っている。教徒たちは、この考えを対人間のみならず全ての生物に対して実践することを旨としており、その徹底ぶりは我々には理解し難いものがある。歩く際には虫を殺さない様ほうきで掃きながら進み、虫が誤って口に入って死ぬことの無い様白い布で口を覆っている。また、口内に繁殖する雑菌を殺さぬ様歯磨きもしない。

ガンジーの修道場(Sabarmat Ashram) 
 グジャラート州生まれのマハトマ=ガンディーが、イギリス・アフリカを経て、1915年よりインド独立の活動拠点とした場所。人種差別・身分差別撤廃の考えを実践すべく、このAshram(修道場)に、Untouchable(不可触民:最低カーストの更に下の層)の入居を許し、製糸業を営んで、彼らの自活を促した。また、1930年の「Salt March:塩の行進」(イギリス政府の塩税に対する反対運動)は、このAshramを出発点としており、その活動に関する写真や書面も数多く保管されていた。



 ガンジーの活動については、またいろいろ調べて別の機会に書こうかな。



オススメ度(100%個人主観)

 ★★★★☆
by bharat | 2005-08-10 13:59 | インドぶらり旅