デリー 11 市内にそびえ立つ世界遺産 クトゥブ・ミナール
 デリーには、2つの世界遺産がある。
 1つはフマユーン廟、もう1つが今回行ったクトゥブ・ミナールだ。

e0074199_7294916.jpg




奴隷王朝の遺産群

 この塔及び周辺の建物は、12世紀後半、奴隷王朝のクトゥブッディーン・アイバクによって建てられた。
 彼自身の死により、建設は一時中断するものの、彼の娘婿アルタミシュによって引継がれた。
 その後、数世紀に亘って、色々な建物が増改築された。

クトゥブ・ミナール
e0074199_19243846.jpg クトゥブの尖塔(ミナール)。
 高さ73.5mの5層建で、第1層の直径は14.32m、最高層の直径は2.75m。中には370段余りの螺旋階段が配されている。
 その高さのあまり、1368年と1503年に落雷に遭い、大きな被害を受けたようだ。

 以前は中の螺旋階段を上って最上部から周りの景色を見ることが出来たらしいのだが、小児の転落死亡事故が発生してからは閉鎖されてしまった。現在は、最上部に置かれたカメラの映像を下から確認することしか出来ない(10ルピー≒26円)。
e0074199_19364990.jpg



アライ・ダルワザー(Alai Darwaza)
e0074199_19431447.jpg 1311年、アラウッディン・カルジーによって造られた、この建物群の正門。
 馬蹄状の天井部分にも細かな彫刻が施されているのが特徴的。
 また、蓮の花をあしらった彫刻が見られ、以降のムガル建築に見られる純イスラム(対称性を追求し、幾何学模様がメイン)とヒンドゥー建築(蓮の花をあしらった彫刻が多い)との融合の一端を伺うことが出来る。



イマム・ザミン廟(Imam Zamin's Tomb)
e0074199_19543955.jpg イマム・ザミンは、ローディー王朝期に、タルキスタン(現トルコ)からやってきた識者。1539年没したイマム・ザミンがここに埋葬されている。



クワットゥル・イスラム・マスジッド(Quwwaulislam Masjid)
e0074199_3502147.jpg 12世紀後半、クトゥブッディーン・アイバクが建てたモスクで、中庭は実に43m×32mもある。
 建物部分は痛みが激しい。

e0074199_4285157.jpg 中庭にニョキッっと立っている鉄柱が1本。
 4世紀に造られた寺院の一部であったが、この場所に移築された。
 高さは7mで、鉄製。
 純度がとても高いので、あまり酸化せず、今でもさほど錆びていない。



アラウッディン・カルジー廟と学校施設
e0074199_4374587.jpg アラウッディン・カルジーの廟と、イスラム教育のための学校施設(マドラサ:Madrasa)。



アライ・ミナール(Alai Minar)
e0074199_4445043.jpg アラウッディン・カルジーが13~14世紀に建てたもの・・・というか途中まで建てたもの。
 直径がクトゥブ・ミナールの倍くらいあることから、恐らく高さも150mくらいにする予定だったと思われるが、戦争勃発によりそれどころでは無くなり、結局24.5mで建設は止まってしまった。





  奴隷王朝期の遺跡で、これだけ大規模で保存状態が良いものはあまり見たことが無いので、個人的には気に入ったな。
by bharat | 2006-03-03 10:30 | デリー市内あれこれ