インド周辺 第10回旅行は、植民地時代の要塞都市ゴール
e0074199_2304498.jpg 今回のスリランカ旅行最後の訪問先、ゴール。
 丁度、コロンボマータラの中間くらいに位置するこの町は、1988年にユネスコ世界文化遺産に指定された、古い都市だ。

e0074199_2313031.jpg



植民地支配によって出来上がった街並み
 この地は、海洋貿易上の要所として、16世紀初頭からまずポルトガルの支配下となる。
 1505年にポルトガルが初めてスリランカと接触(難破船が海岸に漂着したのがきっかけとされている)、その後、コロンボに貿易拠点を置くと、象(含象牙)・ナッツ・シナモンなどの貿易を盛んに行うようになった。
 欧州列強の植民地政策が激しさを増す中、1589年には、ポルトガルはここに要塞施設を築いた。

 しかし、1640年、このゴールの砦はオランダによって奪われ、その後1658年にはポルトガルが完全にスリランカから駆逐されてしまう。
 1660年代にゴール砦は改修され、現在残る形はこの時のものだ。

オランダ教会
e0074199_159438.jpg 文字通り、1752年にオランダが建てた教会。
 中は、礼拝堂になっており、パイプオルガンなどがあり、まだ現役として頑張っているようである。


灯台と海岸線
e0074199_2124420.jpg 灯台のある南側と東側が海岸と面しており、堤防沿いにインド洋を見ることが出来る。

e0074199_2151226.jpg 付近には、象の置物屋。
e0074199_2154720.jpg 屋台のアイスクリーム屋も。屋台にゴミ箱が付いていたのが印象的だった(インドのには、まず付いていない)。


時計塔
e0074199_2171159.jpg こちらは、ムーン要塞と呼ばれている地区にあるが、周りは銀行などが入った建物だった。





 ・・・と、殆どがオランダ植民地時代の建物なのだが、1796年にはオランダはこの地をイギリスに明渡している。




オススメ度(100%個人主観)

   ★★☆☆☆ ・・・昔の街並みは良い雰囲気だが、ここが何故世界遺産なのか?



観光所要時間

   20~30分



by bharat | 2006-04-24 10:30 | インド周辺国ぶらり旅