第70回旅行は、ムンバイ沖に浮かぶ島 エレファンタ
e0074199_6183512.jpg 
ムンバイ(ボンベイ)
の半島の東約10km、海上に浮かぶ小さな島がエレファンタ。8平方kmのこの小さな島には、1,600人が暮らしている。


時間が勿体無いぞ・・・
e0074199_616276.jpg 島なので、アクセスは当然船。
 ムンバイのインド門の船着場から、定期船が出ている。
 時間は1時間おきで、朝イチの船は9時。

 ・・・の予定だが、30分以上遅れて漸く出発。
 島には、狭い湾内の波に揺られながら、1時間。



ヒンドゥー石窟寺院
e0074199_410181.jpge0074199_4104114.jpg 島に降りると、長い桟橋状の足場をひたすら歩く。
 4ルピー(約10円)で、トロッコ列車に乗れるが、歩くのと殆ど同じ速度。

e0074199_4202124.jpg 露店が並ぶ石段を100~150段くらい登っていく。
 チケット売場で例によって不公平なガイジン料金250ルピー(約650円)を払う・・・因みにインド人なら10ルピー(約26円)だ。

 いきなり見えてくるのが、第1寺院。
e0074199_4272599.jpg シヴァ神を祀るこの寺院には、壁の至るところにシヴァの巨大な彫刻が。
 その作風は、アジャンタエローラの石窟にクリソツ。
 ・・・保存程度でいくと、エレファンタ島の方が悪い。
 本堂奥には、3つの顔を持つシヴァ「マヘーシュ・ムルティ(Mahesh Murti)」。
e0074199_4372141.jpg 寺院中央には、リンガが祀られている。


e0074199_4403058.jpg 第1寺院の脇にも、小さな寺院があるが、別にたいした事は無い。


近代兵器がなぜここに・・・?
e0074199_4434622.jpg 第1寺院付近にある喫茶店では、犬と猿が休憩中。
e0074199_51666.jpgその喫茶店の脇の石段を進むと・・・「Canon Hill」?
e0074199_4483851.jpg ここから結構歩くが、丘をどんどん進んでいくと、こんなものが。
 随分と近代的に見えるが、最近のものなのか?



 ・・・以上、アッという間に見終えてしまった・・・。
 でも、帰り便が12時発なので、待ちぼうけ。
 おまけに、潮の流れで2時間も海上をフラフラしてた。


オススメ度(100%個人主観)

   ★☆☆☆☆ ・・・ これで世界遺産?という物足りなさ

観光所要時間

   5時間 (船の時間の関係で仕方ない)
by bharat | 2006-08-20 10:30 | インドぶらり旅