インドのTシャツ 11

11. オートリクシャー

 ムンバイ沖に浮かぶ島、エレファンタ島(島の様子は後日旅行記で記す)の露店で見つけた一品。
e0074199_2305449.jpg


 オートリクシャーのスペックを、アメリカンジョーク満載、皮肉たっぷりで書いてある。
 絵のセンスや文言からして、恐らくインド製ではあるまいが、なかなか面白いことが書いてある。
e0074199_2321921.jpg


① 残念ながら風だけは避けられないフロントウィンドー
 実際のところは、結構風除けになる・・・が速度をあげてくると、巻き込みが激しくて、隣同士でも会話が困難になることがしばしば。

② とても礼儀正しく、130デシベルで話しかける運転手
 声の音量は気にならないが、基本的に態度悪い。
 たま~に、愛想の良い運チャンに出会うと、感動する♪

③ ガイジンを乗せたときだけ故障する料金メーター
 実は、地元インド人もボラレているらしい。我々日本人の方が、都度シビアに価格交渉しているのかも!?

④ メッチャ怖いが、平静を装うガイジン乗客
 観光に来るヒトは結構怖がっている。
 日々生活している身としては、とっくに慣れっこなのだが。

⑤ 乗客の頭上のみ雨漏りする防水仕様の屋根
 意外に雨漏りはしない・・・が、雨季のドシャ降りになると、横からバンバン飛沫が飛んでくる。

⑥ 電話番号が記載されている当てずっぽうなナンバープレート
 デリーのリクシャーのナンバーは、ちゃんとしてるっぽいが・・・真相は不明。

⑦ 防音仕様の排気管(叫ぶ乗客を黙らせる=防音)
 確かにウルサイ。なのに遅い。天然ガス仕様でこのうるささって一体全体・・・?

⑧ デカい道路の穴を避けられる、チッチャなタイヤ
 タイヤはチッチャく、サスもヘコヘコなので、ちょっとした段差も的確に拾う。
 ほんとちょっとの移動でもケツが痛くなる。

⑨ 下り坂で高出力を発揮するエンジン
 最近増えたデリーの高架。リクシャーには天敵である。上り坂は、止まりそうなくらい速度が落ちる・・・反面、下り坂は「チキチキマシン猛レース」ばりに車が空中分解するくらいスピードが出る。

⑩ 高電力ヘッドライト(キャンドルライトなみ)
 ガス節約のため、ヘッドライト、ウィンカー、テールライトの電源を切断しているケース多々あり。夜間、拾ったリクシャーがこの仕様だと、周りの車にはねられそうになり、大変危険。



 結構笑えますよね?特に実際にオートリクシャーに乗った経験のある方々。

 因みに、Tシャツの値段は295ルピー(約770円)と結構高め。
 生地はなかなか良く、伸びないし、色落ちしない・・・今のところ。
by bharat | 2006-08-30 10:30 | インドのTシャツ