駐在員居住地域で、ガイジン殺し発生!
ベルギー大使館職員、刺殺される

 9月24日(日)、在デリーの駐在員たちに戦慄が走った・・・

 数多くの日系企業駐在員が居住する住宅街、Vasant Vihar地区で殺人事件が発生したのだ。
 被害者は、デンマーク大使館職員の47歳女性。
 自宅で刺殺された。

 我々が思ったのは、「なぜセキュリティがしっかりしたこの地区で発生したのか?」ということ。

 原因は至って簡単で、加害者は被害者が雇用していた運転手だったのだ。
 これでは、ゲートの門番だって、入門を止める訳にもいかないだろう。

 詳細はこうだ。

e0074199_5334194.jpg 日曜日、運転手に車を運転させて、夕食に向かった際、運転が乱暴なので注意をした。
 その後、再三の注意にも拘らず運転内容が改まらないので、女性は怒って車を降り、オートリクシャーで帰宅した。
 運転手が1人で女性宅に戻ると、女性の怒りは収まらず、金を運転手に叩きつけ、「アンタもうクビ!」とその場で解雇した。
 これで、運転手がキレてしまい、そのまま女性宅に侵入、キッチンにあったナイフで女性を22箇所のメッタ刺しにした。


 ・・・御互い、ちゃんと理論的な議論をしていればこんなことにもならなかったろうに。

 不謹慎な表現で誤解を招きたくは無いが、少しホッとしたというのが実感だ。
 というのも、これが無差別的な強盗殺人であれば予防のしようが無いが、上述の様な原因なら、日頃使用人や運転手を起用する際の対応に留意すれば良いと言うことになるからだ。
 地域的に危険とかいう事ではない。


 ・・・因みに、事件発生宅は、僕の今住んでいる場所と番地違いである。
by bharat | 2006-09-25 10:30 | ふと思うこと