インド周辺 第21回旅行は、スリランカの首都
 コロンボから車で30分、スリランカの首都である、スリジャヤワルダナプラコッテ(Sri Jayawardenepura Kotte)。

 この長い名前、世界で一番長い都市名なのだとか。
 因みに名称は、スリランカの名声高き初代大統領のジャヤワルダナと、スリランカの昔の王朝コッテ(コーッテ)(詳しい歴史はコチラ)に由来している。

 コロンボよりここに遷都されたのは、1980年代。
 以来、国会議事堂が移され、その後官公庁の建物、住民が順次シフトする筈だったが、今のところそのスピードは遅々としており、寂れた印象を受ける。
 見所といえるのは、ジェフリー・バワ(詳細はコチラ)が設計した、国会議事堂。
e0074199_539313.jpg

 警備上の理由で、遠くからしか見られないが、やはり直線的なデザインが特徴的だ。
 政府から依頼を受けたバワは、デザインから建物完成までわずか3年という短期間で仕上げたという。


e0074199_546692.jpg この議事堂の近くに、スリランカの伝統工芸を実践販売するグラモダヤ民俗芸術センター(Gramodaya Folk Art Center)がある。
 1988年、プレマダーサ元大統領によって作られた。

 敷地内に、銀細工・木製細工・皮革製品・織物など種類別にワークショップがあるのだが、どれもマバラな感じ。
 販売も、小さな小屋1棟でのみ行われていた。
 おまけに、現地通貨キャッシュしか対応しておらず、ガイジンにはとても買物しづらい環境。

 伝統工芸保護の理念は良いと思うが、どうも片手落ちの感が・・・。



オススメ度(100%個人主観)

    ★☆☆☆☆ ・・・ 特に観光するものナシ

所要観光時間

    30分
by bharat | 2007-03-15 10:30 | インド周辺国ぶらり旅