第83回旅行は、ヒマラヤ鉄道駅のあるグーム
 ダージリン・ヒマラヤ鉄道の遊覧区間となっている、ダージリンともう一方の終着駅がこのグーム(Ghum)。
 鉄道の様子については、コチラ参照。

タイガー・ヒル(Tiger Hill)
 ダージリンの麓に位置するグームから東に進むと、タイガー・ヒルという標高2,590mの丘がある。
 ここは、近辺の宿が皆ウリにしている御来光ツアーのメッカなのだ。

 朝4時前後に宿を出発し、展望小屋から朝日を拝むのだ。

e0074199_2351727.jpg 当日は、生憎の曇り。
 かすかな希望を胸に展望小屋に向かう。
 料金設定が細かく分かれており、外で見るのと小屋の中で見るのとではチケットの値段が違う。
 外で寒そうに待つ人たちを横目に、小屋の中へ・・・。



 案の定、雲は晴れず、結局こんな感じに何も見えないまま周りが白く明るくなっていった・・・残念。
e0074199_22165484.jpg


 天気がいいと、こんな感じに見えるらしい(これは現地で購入したハガキの画像)。
e0074199_23532693.jpg




イガチョリン・ゴンパ(Yiga Choling Gompa)
e0074199_221846.jpg

 グーム市内にある、一際立派な僧院がこれ。
 1875年の建立と非常に歴史が古く、また中にブッダ像の保存状態も良い。
 そして何より珍しいことに、ブータンで殆どNGだった、堂内の撮影が許可されている。
 シャッター1回につき10ルピー(約30円)という、面白い料金課金方法。
e0074199_23583263.jpge0074199_23584168.jpge0074199_23585175.jpg



オススメ度(100%個人主観)

    ★★★☆☆ ・・・ ダージリンと一緒に観光すべし

所要観光時間

    1~2時間
by bharat | 2007-05-04 10:30 | インドぶらり旅