インドの激安自動車の全貌が明らかに!
 インド、いや世界の自動車業界で密かな話題となっていたタタ・モーターズの「ワンラックカー(1 lakh car = Rs100,000 Car)」が1月10日、発表された。

e0074199_1021223.jpg


 見た目は、ベンツのAクラスをギュッと詰めた感じで、そんなに貧相なイメージは受けない。
 が、内外装のムダの削ぎ落としは、我々の感覚を遥かに超えるもの。

 現地新聞記事等によれば。。。

排気量 : 736cc(他紙には600cc、660ccとも)
気筒 : 3
馬力 : 33馬力(原付の50ccより遥かに低い)
最高速度 : 90km(他紙には70kmとも)
パワーステアリング : なし
パワーウィンドー : なし
サイドミラー : 運転席側のみ
ワイパー : 前面に1本のみ
速度計 : アナログ
タコメーター : なし

e0074199_1034143.jpg 上の数字がどれくらいスゴいかというと、スバルが1968年に発表したスバル360ヤングSSが36馬力だったと言えばイメージがつくだろうか。
 要するに、日本の40年前のスペックと同等ということである。


 コストを抑えるために、金属ボルト等を極力使わず、プラスティック部品や接着を多用したとも書いてある・・・剛性や衝突耐性は大丈夫なのか・・・?


 因みに、これをインド側では「新しい哲学"不足の精神"が生み出した勝利」・「ガンジー精神を載せたエンジニアリング」とアピールしているらしい。


 この車、果たしてインド自動車業界の救世主となるのか?
 はたまた、交通渋滞の主役となるのか?
by bharat | 2008-01-15 10:30 | ふと思うこと