インド人化完了☆  <インド滞在の総括レポート2-④>
<南インド>
(18) アーンドラ・プラデシュ州---(訪問箇所:2)
e0074199_12595535.jpg 面積27.5万k㎡、人口7,700万人。
 インドの南東部に位置するこの州は、多様な顔を持つ。
 産業別人口比率が27%(第1次)、15%(第2次)、58%(第3次)となっており、農業が盛んな一方で、州都のハイデラバード近郊にはシリコンバレーが形成され、急速な経済発展を実現している。
 また、内陸には山岳・高原地帯を持ちながら、長い海岸線を活用しての漁業も行われており、漁獲高はインド全州で第2位だ。主要港のバイザック(ヴィシャカパトナム)は、インドの主要港の1つで、貿易港・軍港として栄えている。
 民族的には、州の名前の通りアンドラ族という民族が大半を占めており、州民の大半はヒンドゥー教徒だが、州都のハイデラバードはこの限りではなくイスラム教徒の比率がとても高い。
 エイズ感染者比率がインドで1番高いという不名誉な数字も持っている。
 (旅行記)ハイデラバードバイザック


(19) カルナタカ州---(訪問箇所:7)
e0074199_1313165.jpg 面積19万k㎡、人口5,300万人。
 アーンドラ・プラデシュ州の西側に位置する。
 州都バンガロールのシリコンバレーはあまりにも有名で、第3次産業人口は62%に上る。
 同地には海外企業も数多く進出しており、日系ではトヨタ自動車が進出している。
 あまり知られていないが歴史的にも興味深い地域で、イギリス支配に叛旗を翻した藩王が活躍したマイソールや、中世の交易都市遺跡ハンピ、巨大な全裸の石像が立つジャイナ教の聖地サラバナベルゴラなど、観光スポットが実に多い。
 が、残念ながら内陸に行くほど道路インフラが脆弱で、短期間で効率良く旅するには難しい。

 (旅行記)バンガロールマイソールソームナートプルスリランガパトナムサラバナベルゴラハンピバーダーミ


(20) タミルナドゥ州---(訪問箇所:9)
e0074199_1353133.jpg 面積13万k㎡、人口6,300万人。
 州都はチェンナイで、商業都市・貿易都市として栄えている。
 自動車産業が盛んで、HM(ヒンダスタン・モーターズ)、フォード、現代、マヒンドラルノー、アショクレイランド(トラック/バス)が進出しており、しばしば「インドのデトロイト」と呼ばれている。
 最近は、ホテル・外食産業の伸びが著しい。
 一方で、保守的・排他的な側面もある。
 タミル民族は自分の文化・言語に大変な愛着を持っており、インド独立時に公用語をヒンディー語に統一しようと試みた際、タミル語圏からの猛反発で公用語を複数設けることにしたというエピソードがある。また、インド映画の中でもタミル映画は一線を画しており、デリーやムンバイを意識した都市派の映画が増えているトレンドの中、タミルでは未だに昔ながらの映画がタミル語で製作され続けている。我々日本人がもっともよく知るインド映画の1つ「踊るマハラジャ」もタミル映画である。
 飲酒・喫煙に対しても保守的な雰囲気が残っており、和食・洋食レストランへのアルコール許可手続が遅々として進まないという話を良く聞く。
 (旅行記)コモリン岬(カニヤクマリ)ラーメシュワラムマドゥライトリチータンジャブールチダムバラムマハーバリプラムカーンチープラムチェンナイ


(21) ケーララ州---(訪問箇所:6)
e0074199_1372523.jpg 面積3.8万k㎡、人口3,200万人。
 インド西側南端の州。
 日系進出企業が殆ど無いので、日本人には知名度が低いが、インド随一の「豊かさ」を誇る州である。識字率はインドでは驚異の90%超え。この数字が意味するところは女性にも教育の場が与えられているということだ。州予算の多くを教育費に割いており、知識層が率先して州の教育水準向上を推進している。
 乳児死亡率もインドで1番低く、医療レベルの高さが伺える。
 沿岸部の漁業、内陸部の農業(米、天然ゴムなど)は勿論のこと、水郷遅滞をハウスボートでのんびり下るバックウォーター観光が流行っており、観光収入は州の財源として大いに役立っている。インド人富裕層や欧州人が数多くこの観光旅行を目指してこの州にやってくる。
 (旅行記)コチ(コーチン)トリスールグルヴァユールアレッピートリヴァンドラム





   レポート2-⑤に続く。
by bharat | 2008-01-05 10:30 | ふと思うこと