インドの激安自動車の全貌が明らかに!②
 1月15日に、インドの28万円カーについて触れたが、同僚がデリーのモーターショー(Auto Expo 2008 Delhi)に行って、更に詳細が判明。

1.名称とスペック
 車の名称は、Nano。
 内外装別に、価格帯を細かく分けるようだ。

【名称】 Tata Nano
【価格】 Rs.100,000- (約28万円)
      ローン購入の場合、
      3年なら月々Rs.3,200-(約9,000円)
      5年なら月々Rs.2,200-(約6,000円)
【寸法】 全長3,100mm x 全幅1,500mm x 全高1,600mm
      参考までに、日本の軽自動車の寸法は、
      全長3,400mm x 全幅1,480mm x 全高2,000mm
【排気】 623cc 33馬力 2気筒
【駆動】 4速マニュアル
【定員】 5名
【燃費】 20km/L (燃料タンク容量は30L)
【速度】 最高105km/h
【規制】 欧州環境規制Euro4に対応
      (因みにインドでこの基準はまだ強制されていない)
      クラッシャブルゾーン確保
      前席シートベルト

2.発売時期

 2008年9月より予約受付


3.外観
(1)Base Grade
e0074199_1015324.jpg

e0074199_102836.jpg

 スチールホイール、樹脂バンパーの安っぽさは否めないが、見栄えはハッキリ言って普通。
 28万円でよくここまで仕上げたと感心してしまう。

(2)高級Grade
e0074199_1035598.jpg

e0074199_104333.jpg

 ホイール、バンパーがグレードアップし、高級感が増している。
 価格がいくらになるかは不明だが、見栄えが良い。


4.内装
e0074199_1063524.jpg

e0074199_1064328.jpg


 内装は、シンプルというか・・・貧相。
 致し方の無いところか。

 座席の薄さがとても気になるが、それが幸いしているのか、現行のインドの大衆車の代名詞であるスズキ自動車の「マルチ800」と比べて車内空間は20%も広いんだとか。

 計器類は最小限に止められ、ステアリング部分およびアクセル/ブレーキ/クラッチ部分を除いてインパネは左右対称に設計されている。
 将来的に、左ハンドル国への輸出も考えているのか!?


番外. インド勢の飽くなき野望
 更に驚くべきことに、インド2輪大手のBajaj Autoの「コンセプトカー」も展示されていた。
e0074199_1024270.jpg

 こちらも外観上は全く通常の車と遜色無い。

 来年くらいの発売になるのだろうか・・・?
 インドの若者へのマーケティングに定評のあるBajaj。
 恐らく、この車もかなりインドの若者層を食っていくことだろう。
by bharat | 2008-01-21 10:30 | ふと思うこと