2007年 03月 06日 ( 1 )
インド周辺 第18回旅行は、カトマンズ周辺地域
 カトマンズ盆地で、カトマンズパタンバクタプル以外にもいくつか見所がある。
 それを纏めて、今回の旅行記とした。

ボダナート(Bouddhanath)
e0074199_20435911.jpg
e0074199_20445597.jpg カトマンズ市の北東部に位置している、巨大なストゥーパ(仏塔)。
 (※上の航空写真は、購入した絵葉書より。)
 町通りからちょっと入ったところにあるので、車で流していると気付かないが、お祈り用のロウソクを売っているコーナーを中に入ると・・・
e0074199_20461827.jpg いきなり真っ白いストゥーパが出現する。
e0074199_20494689.jpg このババロアみたいな純白ストゥーパは高さ36m、南アジアでは最大の大きさだ。
 スリランカにも同様に白色のストゥーパはあったが、ここまで大きなものは無かったし、ましてや首都地域では無かった。
 更に特徴的なのは、上部に目が書いてあること・・・これが神聖というよりコミカルな印象を与えている。
e0074199_20534930.jpg 夕方の時間は、地元の参拝者でゴッタ返す。
 皆、時計回りに御参りするので、我々もこの流れに乗って移動することになる。
 気に入った土産物屋を通過してしまっても、後戻りは出来ない・・・もう1周しなければ。
e0074199_20552761.jpg ふとTシャツに目を移すと・・・!!
 デリーのチベット人居住区で購入したTシャツと全く同じデザインのものを発見!
 ネパール・インドの流通網、恐るべし。



パシュパティナート(Pashpatinath、Pashupati)
e0074199_2164849.jpg

e0074199_217163.jpg シヴァ神を祀る寺院が集まるこの地域は、ネパールのみならず、近隣国のヒンドゥー教徒も参拝に訪れるという、ヒンドゥーの聖地だ。
 一番大きな寺院は異教徒立入禁止だが、外見だけでも見がいがある。
e0074199_2110621.jpge0074199_2195417.jpg 周囲には、小さなシヴァ寺院も多数ある。
e0074199_2111185.jpg 川沿いに立地しているこの集落。
 川っぺりで何やらモクモク煙が立ち昇っているが・・・
e0074199_21121589.jpg 実はこれ、死体を焼いている。
 ここで荼毘に付しているのだ。



キルティプル(Kirtipur)
e0074199_2115445.jpg
e0074199_21152088.jpg カトマンズ市街地を南西に行き、丘陵を車で約45分進むと、キルティプルという小さな村落に到着する。
 現地語で「名誉の町」というこの村落の見所は、バーグ・バイラヴ(Bagh Bhairav)寺院だけだが、なかなか立派な造りだ。
 シヴァ神を祀っているということだが、本堂入口にはカーリー女神がおり、
e0074199_21214455.jpg やはりバクタプルで目撃したのと同様、生贄(ヤギ)をお供えしていた。
 生き血をすする野良犬に、ニッコリ笑う地元の子供たち・・・すごい絵だ。


e0074199_21203590.jpg 朝市が開かれているところですら、妙に歴史を感じる。

e0074199_2121611.jpg 帰り際、真新しい仏教寺院を発見。
 中には、本堂のほか、宿坊などもあった。



オススメ度(100%個人主観)

     ★★★★☆ ・・・ ヒンドゥー教・仏教の隆盛を体感出来る

所要観光時間

     3時間
by bharat | 2007-03-06 10:30 | インド周辺国ぶらり旅