2007年 03月 12日 ( 1 )
ホテル (8) Soneva Gili (The Maldives)
e0074199_1632227.jpge0074199_1632143.jpge0074199_16322446.jpg


e0074199_1530182.jpg Six Sensesというリゾートグループの運営するホテル。
 タイを中心に、有名なリゾート地に展開している。
 自然への融和をとことんまで追及した、施設造りが特徴的。

e0074199_15411550.jpg
<名称>
 ソネバ・ギリ Soneva Gili

<住所>
 Lankaafushi Island, Republic of Maldives

<電話番号>
 +960-664-0304

<宿泊料金>
 USD985~3,440 / 日

 部屋のカテゴリーは4つ、6シーズンに分かれている。
 年末年始がハイシーズンにあたり、5~7月の雨季が最も安価に設定されている。


<特徴>
e0074199_1553056.jpg Male国際空港から専用高速艇で北に15分。
 空港から最も近い部類に入る。

 ここの施設の基本理念は、

   「NO NEWS NO SHOES」。

 高速艇に乗ってすぐに、履物を袋に入れる。
e0074199_1624014.jpg 以降、チェックアウトまで、施設内は基本的に裸足で行動。
 未来少年コナンのような生活をするというわけだ。

 因みに、島内の移動はスタッフの乗る電気自動車に乗せてもらうか、徒歩あるいは自転車。


 ここも、ココア・アイランド同様、小さな島が丸々ホテル施設になっている。
e0074199_164466.jpg
 島の周囲に桟橋(Jetty)が突き出ており、エリアによってJetty 1~3と呼んでいる。
 今回宿泊したのは、右上に印したJetty 2のソネバ・レジデンス。
e0074199_16223433.jpge0074199_16224527.jpg

 250㎡、リビング+寝室+バスルーム+テラス+屋上テラスという間取りの水上コテージだ。

e0074199_17352526.jpge0074199_17345332.jpg
e0074199_17364398.jpge0074199_1735528.jpg
 とにかくユッタリしてるので、とてもリラックス出来る。

 結局、部屋の雰囲気だ良かったので、朝食1回レストランで食っただけで、あとは全て部屋で食事をした。写真一番左のエビバーガーは絶品☆e0074199_17415831.jpge0074199_1742285.jpge0074199_17424594.jpg

e0074199_17452747.jpg 料理の味は、ココア・アイランドの方が上を行っている気がするが(特にコンチネンタル)、ここソネバ・ギリは島の中で野菜を有機栽培しており、野菜はとても美味い。
 素材系の料理は、全般的に美味い。


 朝食は、海辺に面したレストランで食べることが出来る。
 フルーツはとても新鮮で、卵料理も美味い。
e0074199_17481279.jpge0074199_17483480.jpge0074199_17485270.jpg
e0074199_17502921.jpge0074199_17504647.jpge0074199_1751375.jpg



 2泊しかしなかったが、ハッキリ言って完全な長期滞在型リゾート。
 スタッフもMr/Ms Fridayという、自分専属のスタッフが付いて、彼/彼女が何でも屋として機能してくれる・・・長くいればいるほど、御互い勝手が分かってくるという按配だ。
 もう少し居たかったなぁ。

 この施設の利用客は欧米人も日本人・韓国人もいるのだが、欧米人はだいたい3週間以上滞在するのだそうだ。一方の日本人・韓国人は最大1週間。やはり、余暇の過ごし方の違い、仕事の関係などによるものなのだろう。
by bharat | 2007-03-12 10:30 | ホテル情報