カテゴリ:インド生活( 5 )
水が無い・・・
 5月8日、インドのTIMES OF INDIA紙に、面白い記事が載った。


     「Water shortage will be a thing of the past by 2010」


 水不足問題を、2010年までに解決するという訳だ・・・。
 どうやって??というのが率直な感想である。

 この記事を読み進めていくと、Delhi Jal Board(デリー水委員会とでも訳そうか、Jalはヒンディー語で水のこと)のコメントを指していることだと分かる。
 彼らがデリーの昨今の深刻な水不足事情(詳細は後述する)の責任を担っている機関であるらしい。

 コメントによれば、デリーの1,600万人の人口および非公式住民60万人全てに対して、手動ポンプ、公共水道(水力発電からの供給)、井戸を使った供給網を整備。加えて、これらのネットワークを敷けない場所についてもタンク車を使って供給する体制を敷き、全ての住民を水不足から解放するとしている。
 現行使用している4つの水処理施設に、新たに排水リサイクル機能を付与することにより、供給能力を増強するのだという。
 また、市内の上下水道設備の強化も行い、供給元・供給ルート双方をてこ入れすることによって、来る2010年コモンウェーエルズ大会(英国連邦府傘下の各国による陸上競技大会で、2010年デリーで開催されることが決定している)にも対応するとのこと。

 なにやら、現にここに住んでいる立場からすると、非常に実現困難な、雲をも掴む印象を受けてしまう。
 というのも、今住んでいる自宅でも、断水が頻発しているからだ。


 現在私が住んでいる地域は、日本人を含む多くの外国人が数多く居住する、治安・衛生ともに安心出来る地域の一つだ。
 家などは特別立派な造りでも無いのだが、たいそうな家賃を払わねばならない。差詰め、家賃=安心料といった感じだ(家賃をケチろうものなら、治安・衛生面が即座に不安に晒されるような地域がたくさんあるのだ)。

e0074199_16265192.jpg で、この家の水がしょっちゅう止まる。
 貯水タンクは地下にバカデカいのが1つ、3軒(1~3階の各住人)共有のデカいのが1つ、我が家用のタンクが地上と屋上に1つずつと、受容れキャパは十分過ぎるほど。
 なのに、市からの水の供給量がとても少ない。
 地下タンクへは、毎日決まった時間(午前1回、午後1回)に、直結した水道管から供給があることになっている。まず、これが頻繁に滞る。
 数日に1回しか来ない水を3軒でいっせいに使用するので、水はすぐになくなってしまう。
e0074199_16274954.jpg
 こうなると、最終手段は、民間会社に頼んでタンク車を派遣してもらい、取敢えず我が家用のタンクだけを満たしてしのぐしかない。
 3,000Lで1,000ルピー(約3,000円)弱・・・意外と安いと御思いだろうが、月の水道代200~500ルピー(約600~1,500円)と比較するとベラボウに高い。


 出張や旅行などで、暫らく自宅を離れて、夜遅く帰宅。
 汗でドロドロの体を早くフロ・・・はムリなのでシャワーで洗い流そうと蛇口をひねたら、シーン・・・・・なんてことが今年結構あった。

 これは、肉体的にも精神的にも物凄いダメージを受ける。



 あまり過剰な期待をせずに2010年を心待ちにしようかなぁ。
by bharat | 2007-05-08 10:30 | インド生活
人間的生活へ
居住者登録

 インドの居住先が決まったんで、早速、居住者登録をするべく、当社インド人スタッフと一緒に、Foreign Regional Registration Officeなる役所に行った。

 場所柄、事務所内は結構外国人が多い。

 総合窓口のようなカウンターに係員が2人。
 その2人を取囲むように、登録申請者が密集していた。
 列作ればいいのに。。。。
 順番なんて無いから、申請書を係員に見てもらったモン勝ち。
 当社スタッフは、手慣れた様子で、ヒンディー語で何か喋ったかと思うと、係員は僕の申請書をすぐに手に取ってくれた。
 うぅむ、やはりこういうときにヒンディー語が出来るといいな、と思った。



 必要事項を記入したResistration Report / Residential Permit、パスポート、ビザ、賃貸契約書、大学のAdmission Letterの原本・写しなどを一揃え提出すると、5分くらいでResistration Report / Residential Permitにハンコ・署名がなされ、正式に発行してくれた。
e0074199_236837.jpg


 申請する前は、

      「場合によっては、何時間もかかることがあります。」

て言われてたんで、アッという間に済んでよかったぁ。




生活開始に必要なもの

 ホテルから家に移るにあたって、必要なものをリストアップしてみた。

・ ベッド
・ 布団、シーツ、枕
・ エアコン
・ テーブルとイス
・ 食器
・ 冷蔵庫
・ 電子レンジ
・ 水(ミネラルウォーター)
・ カーテン
・ テレビとテレビ回線契約
・ 電話と電話回線契約、インターネット契約
・ 洗濯機
・ 掃除道具

 まぁ、優先順位の高低はあるけど、こんな感じか。。。
 ・・・結構いっぱいあるな。

 どこで買ったらいいか、当社スタッフに相談したら、いくつかは地下倉庫に在庫があるかもしれないと言う。
 早速、地下室に行ってみた。
 地下室の中は迷路みたいになっていたが、いくつかゲット出来た。

・ ベッドとマットレス(ベッドは立派だけど、マットレスは埃っぽい)
・ テレビ(ソニーだ♪)とテレビ台
・ テーブルとイス(イスはシールがベタベタ貼ってあるけど)
・ 冷蔵庫
・ 電子レンジ(日本製なんで変圧機必要)

 ベッドがあれば取敢えず家に移れるな、よしよし。

 ということで、その日の内にベッドを家に搬入して貰って、新居での生活を開始。

 が・・・・

      「暑くて、ねむれん・・・・」

 家が石とかで出来てるから、昼たっぷりと熱を吸収して、夜になっても室内がモワ~っと暑い。
 天井に扇風機が付いてるけど、回しっぱなしにすると乾燥してノド痛くなりそうだし。
 というわけで、エアコンが家に来るまでの数日間、蒸し風呂状態の部屋で、うなりながら過ごさなきゃならなかった。


 おまけに、カーテンが付いてないから、日中も夜間もプライバシーゼロ。
 落着かないこと、この上ない。


 テレビも立派なSony製のを居間に置いたんだが、契約してないから、全チャンネル砂嵐・・・テレビっ子としてはこれは大変ツラい。




 てなわけで、その週の内に「エアコン」「カーテン」「テレビ回線契約」を大至急頼んだ。




インド人大集結

 エアコン取付、カーテン取付、テレビ回線設定を全~部同じの日の午後2時に頼んだ。
 全部一気にやってくれれば、僕が拘束される時間が短く済むと思ったから。

   午後2時・・・誰も来ない。

     午後3時・・・誰も来ない。

       午後4時・・・誰も来ない。

 あれ?曜日間違えて頼んじゃったかな、と思った午後5時頃になって、ようやく来た。
 しかも、全業者・・・。

      「あのな・・・なんで全員揃って3時間おくれなんだよ。」

 と思ったが、彼らはな~んの気がねも無い様子で、作業に入っていった。


 ところが・・・

 エアコン、カーテン、テレビの3業者が1人ずつ来ると思ってたんだけど、何故か3~4人ずつで来た。明らかに作業してるのは、各業者1名だけで、あとは何か適当に指示出したり、勝手に小便しに行ったり、水をくれだの・・・なんなんでしょう。
 各作業とも居間の窓側での作業だったんで、居間の一角がインド人の大密集地帯に。
e0074199_441567.jpg


 結局作業は、3時間以上かかり、みんな8時過ぎに帰って行ったとさ。
by bharat | 2005-07-15 02:19 | インド生活
生活拠点決定!
自宅探し

 6月26日にデリー入りして、ホテルに入ったんだけど、会社の規定で宿泊費が最大4日間分しか出ないので、27日から早速家探しをすることになった。

 幸い、当社総務のスタッフが色々な物件情報を揃えてくれていて、それらを手当たり次第に見て回ることにした。
 一応、家賃(月額)の上限を20,000ルピー(日本円で50,000円くらい)として、あがってきた物件ということらしかった。

 1件目。
 場所は、デリー中心から南西に5~6km行った、Anand Niketanというところ。
 3階建ての3階と2階の一部が賃貸スペースになっている、外見がとても立派な家。
e0074199_12571642.jpg

 間取りは、2LDK+バストイレ2室+トイレ1室+物置部屋2室。
 中も、とても綺麗にされていて、一瞬で気ににってしまった。
 大家さんもとても感じの良い方だった。

      「ここにするよ。」

 当社スタッフに即答したが、まぁもう1件くらい見て決めたらと言うので、もう2~3件見ることに。


 2件目。
 場所は、1件目と同じところの番地違い。
 2階建ての2階で、間取りは2LDK。

      「き・・きたないな・・・」

 内壁が汚いのと、床が埃だらけ・・・。
 綺麗に見せるとかいう、見栄は無いのかな。
 家賃が安いから、どうでもいいと思ってるのかな。

 いずれにせよ、即却下ということになった。



 3件目。
 住所も間取りももはやあまり覚えてない。
 が、部屋全体が広くて、綺麗で、居間がカーペット敷きでとても良かった。
 一点、バス・オートリクシャーの便が悪いのが欠点だった。
 僕は、通常の駐在員と違って、車が付かないから、この欠点は致命的だ。
 泣く泣く断念。




 結局、1件目の物件に決定。
 賃貸契約手続へ。
 節税対策とやらで、家賃を2等分して、一方を「賃貸契約」、もう一方を「メンテナンス契約」として締結。インドはこのやり方が常套化しているという。
 家賃・敷金を払ったが、大家さん、金額も確認せずに奥の書棚にそれをしまう。
 インド人は、金にはウルさいと聞いてたので、ちょっとビックリした。

      「金額、確認しないんですか?」
      「あなたが確認したんなら、それでいいわ。」

 あとから分かったんだが、大家さんは大変な御金持ちらしく、あんまり金の遣取りで札を数えることはしないんだという。
 こんな太っ腹なインド人もいるのか・・・一気にこの大家さんが好きになってしまった。




 さ、家も決まったし、居住者登録しないと。
by bharat | 2005-07-10 00:00 | インド生活
インド初上陸!
乾燥してないし、暑くないぞ!?

 6月26日夜、JALのフライトでデリー入り。
 大阪に住んでたんで、伊丹→成田→デリーと来たんだけど、デリーに着いての第一印象。

      「あれ?暑くない・・・」

 なんでも到着前日の6月25日は40℃を超える暑さだったらしいのだが、26日当日は雨が降った影響で気温も30℃前後に落着いていた。
 かなり覚悟をキメて来ていたから、大阪より気温が低かったのには、少し拍子抜けした(後日、灼熱地獄を味わうのだけれど)。

 休日にも関わらず、当社現地事務所スタッフが迎えに来てくれた。
 当社デリー事務所で数少ない日本語の話せるスタッフで、E-mailでの遣取りはあったものの、会うのは勿論初めて。
 カタい日本語を書く人なんで、てっきり年配の人かと思いきや、とても若い、感じの良い女性スタッフだった。ビックリ。

 その日は、ホテルに連れて行って貰って無事チェックイン。。。。




 明けて27日、当社事務所に行き、挨拶回り。
 Friendlyな雰囲気で、一安心。

 基本的に1年間はデスクワークは無いが、机と椅子まで用意してくれていた。
 座って一息付いてると、紅茶を出してくれた。

       「これがチャイか・・・・・・あ、甘い・・・・」

 日本だといつも砂糖無しのコーヒーばっかしだったから、この甘さは結構強烈だった・・・すぐに慣れちゃったけど。
by bharat | 2005-07-01 04:16 | インド生活
派遣プログラムの設定
白紙の2年計画

 昨年末に、インド派遣員が内定したんだけど、なにせ第1号生。
 プログラム内容が殆ど白紙状態。
 今年6月にインドに来るまでの半年間で、色々決めなければならなかった。


 まず、どこを拠点にするか。

 当社事務所がある場所が良いのか、それとも他の場所が良いのか・・・分からん。
 色々検討した結果、ヒンディー語ドップリの環境(ヴァラナシアラハバードなど)も捨てがたいが、第1号派遣員ということで当社インド事務所との緊密な連絡も必要だろうとのことで、デリーを拠点とすることになった。



 じゃあ、デリーのどこで学ぶか。

 当然、目的は「ヒンディー語の習得およびインド文化の理解」ということなんだけど、どこで学べばいいのか?・・・当初は全然分からんかった。

 ネットで色々検索したら、デリーでは、Delhi University(DU)、Jawaharlal Nehru University(JNU)、Kendriya Hindi Sansthanの3校が有名な大学・語学学校らしいことが分かった。
 現地事務所のインド人スタッフや日本の人事部と相談した結果、JNUが良かろうということになった。
e0074199_481762.jpg



 インド人スタッフの助けを借りて、大学の諸申請手続を済ませて貰い、大学からのAdmission Letterを取得。
 それを、日本のインド大使館に持っていき、学生ビザを発行して貰う。

 6月26日(日)の飛行機で、無事デリーへ・・・・



 
by bharat | 2005-06-27 04:09 | インド生活