カテゴリ:インドB級グルメ( 8 )
ギネスに載ったインドの食材とは??

 皆さん、最近日本のコンビニでこんな商品を見かけたことは無いだろうか?

e0074199_14514236.jpg



 「暴君ハバネロ」よりも辛いという触込みの、このジョロキア。
 実は、インド産唐辛子である。

 一般的に、ナガ・ジョロキアとかブート・ジョロキアと呼ばれるこの唐辛子は、文字通りナガランド(関連旅行記はコチラ)原産といわれている。
 因みに、「ブート」はヒンディー語でお化けという意味・・・化け物のような辛さということなのか。

 このブート・ジョロキアは、その辛さが世界一ということで2007年2月にギネスに登録された。実際にギネスに登録されたのは、ナガランドの隣州アッサム(関連旅行記はコチラ)で採取されたもの。
 ギネス記録時のサンプルの辛さを示すスコビル値は、1,001,304。
 これがどれだけ凄いかというと、タバスコグリーンソースで600~1200スコビル、ハバネロで100,000~350,000スコビル、催涙スプレーは2,000,000スコビル・・・ハバネロの約3~10倍の辛さで催涙スプレーに迫る辛さということである。
 ちなみに、測定値の元となるカプサイシンの100%値は16,000,000。

 過日、この唐辛子を試す機会があったのだが、ほんの爪の先くらいを舌の上に乗せただけで、火傷の様な症状が出て、それからは水を飲もうが他の食べ物で誤魔化そうが激痛で涙が止まらなかった(症状は実に1~2時間も続いた)。
 このお菓子はそんなに辛くはない。

 ブート・ジョロキアの活用方法。
 辛いお菓子に使うだけではない・・・というか正確には食用以外の活用方法のほうが広いのではと思われる。
 唐辛子の主成分であるカプサイシンは、鎮痛薬としての活用が研究されている。
 唐辛子から採取されるカプサイシンの量は、当然その多寡を示すスコビル値が大きい程多くなる。
 スコビル値の高い唐辛子からの方が効率的にカプサイシンを採取出来る訳だ。

 医薬業界の方、一度ブート・ジョロキアを検討しては如何?
by bharat | 2007-10-15 10:30 | インドB級グルメ
B級グルメ6 シャバレ
 しばらく、このカテゴリの存在を忘れていた。
 2005年11月以来の「インドB級グルメ」。

6. シャバレ
e0074199_1420188.jpg

 元々は、チベットなどから来ている料理らしいが、インドでも食べられる。
 恐らく北部出身の人たちが作っているものと思われる。

 簡単に説明するとすれば、「中身がギョーザのミートパイ」。
 外皮はサクサクに揚げてあり、中身は豚肉ミンチとタマネギ(香草も少し入っているかも)。
e0074199_1423212.jpg

 一個20~30ルピー(60~90円)で、とても美味しい。
by bharat | 2007-04-25 10:30 | インドB級グルメ
B級グルメ6 ミスティ・ドイ

 デリー市内のどこのマーケットでも見かける、「MOTHER DAIRY」ブランド。
 インドに根を張る一大乳関連品会社で、牛乳やチーズ、ヨーグルト、アイスクリームなどの製造販売は元より、これらの自宅配送なども行っている。

 今回は、そんな製品ラインアップから見つけた掘出し物。

ミスティ・ドイ
e0074199_2325530.jpg
e0074199_23314468.jpg こちらのヨーグルト(Curdと総称している)は、往々にして甘味が全く無く、カレーの付合せや、ラヒタ(ヨーグルトに玉葱などを混ぜたインド料理)に使われる。甘味のあるヨーグルトを食べたければ、糖分タップリに欧米の輸入物を食べるしかない。
 このミスティ・ドイは、程良い糖分調整と弾力性で、ヨーグルトとプリンを合わせた様な食感。とても美味。値段も1個6ルピーと手頃(インド人消費者にとってはちょっと高く映るかも知れないが)。同じブランドの毒々しいアイスクリームを食べるなら、こちらの方が健康的(な気がする)。
by bharat | 2005-12-09 11:15 | インドB級グルメ
B級グルメ5 テキ

 ヴァラナシで食べて以来、デリーでも物色するようになった。
 揚物ファンには、是非オススメしたい一品。

5. テキ
e0074199_1412169.jpg
 店の正面にデッカイ鍋を構えたようなところでは、必ず置いているこのテキ。要はコロッケなのだが、味のバリエーション、付け合せが豊富でなかなか飽きない。
 写真のものは、テキにマサラ汁とヨーグルトをかけてもらったもの。カリッの食感が液体の中に入っているのは、歌舞伎町「すずや」の「とんかつ茶漬」を思い出す(大袈裟)。
 他には、店が定食屋でなくて、食材屋・なんでも屋のときは、その辺にある食パンに挟んでくれて、コロッケサンドみたいにして出してくれることがある。こちらはさながら、表参道「まい泉」の「カツサンド」か・・・。
 値段は、どんな形で出てきても、だいたい10~15ルピー(約25~38円)。
by bharat | 2005-12-01 01:21 | インドB級グルメ
B級グルメ4 インド版ハイチュウ
 大学の売店で友達が見つけた、チューイングキャンディ。
 日本でも食べたような・・・。

インド版ハイチュウ
e0074199_152694.jpg
 なんでも友人曰く、完全な売れ残り状態で寂しく店頭に並んでいたらしい。1個3ルピー(約8円)は充分に安いと思うのだが、他の飴の値段は概ね50パイサ(0.5ルピー≒1.3円)~1ルピー(約2.5円)なので、価格競争力が無いのだ。
e0074199_112512.jpg 商品名は、『マジック・チュウ』・・・名前までハイチュウに似てるな。フレーバーは、御覧の5種類・・・と思いきや後日別の店で更に2種類を発見。今のところ、7種類である。味は、日本のハイチュウに酷似していて、とても親近感が沸く。個包装されているのは感心するが、各々の大きさがとってもマチマチ・・・袋には6gと記載されているが・・・ま、いっか。ちなみに、24個入りの大きな袋もある。
by bharat | 2005-11-30 10:52 | インドB級グルメ
B級グルメ3 ワーダー

 家の近くの、看板もメニューも店員のやる気も無い定食屋にあった、隠れグルメ。

3. ワーダー
e0074199_21223596.jpg
 一言で片付けてしまうと、揚げパン。中に香辛料のツブツブが混じっている。これだけで食べることは余り無いようで、常時「カレー付きでしょ?」と店員に確認される。インドお決まりの鉄椀に汁気の多いカレー(サンバールと言う)。これにワーダーを浸して食べる。とても美味。ワーダー2つにサンバール1杯で、確か15ルピー(約40円)くらいだったと思う。
by bharat | 2005-11-29 10:20 | インドB級グルメ
B級グルメ2 ジャレビ
 今度は、甘い系の御菓子。
 街角の揚物屋になら、必ず並んでいるインド菓子の代表選手だ。

2. ジャレビ
e0074199_21124021.jpg
 揚げ過ぎたドーナツみたいな食感の食べ物。
 写真の分量でたったの5ルピー(約13円)。ちょっとした御菓子にはもってこい。
 原料は、小麦粉とクルド(ヨーグルト)を混ぜたもので、これを揚げてシロップに浸して上げれば出来上がり。
 このシロップの味あるいは揚げている油の質が店によって微妙に異なり、美味い店と美味くない店がある。
 また、作り置きのものは油がベタついていてあまり美味しくない。
by bharat | 2005-11-28 10:05 | インドB級グルメ
B級グルメ1 ゴルガッパ

 僕は、昔からラーメン、タコ焼き、駄菓子などの所謂「B級グルメ」ってやつに目が無くて、インドに来る前にいた大阪でも、連日平日・休日を問わず、ラーメン屋・タコ焼屋などを探索し、食べ歩いていた。

 こちらインドでも、こういった「B級グルメ」が結構存在する。
 主食系ぢゃないけど、正統派スイーツでも無い・・・ここではそんな食べ物を紹介しようと思う。


1. ゴルガッパ 
e0074199_2174972.jpg

 まず何よりも、この名前。
 一度覚えたら、二度と忘れない強烈なインパクトだ。

 マーケットの揚げ物屋とか屋台みたいなところで、良く目にする。

 膨らんだ揚げ煎餅状のものの中に、マサラ(香辛料)系のスープを流し込む。
 揚げ煎餅からスープからこぼれないように気を付けつつ、口に運ぶ。
 ・・・結構美味♪
 (当たり前だが、ラーメンでもスープが命なのと同様、このゴルガッパもマサラ汁が極めて重要なファクター。ハッキリ言って揚げ煎餅の部分は、どの店でも大差無く、美味いマサラ汁を作る店に出逢えるかがポイント。ちなみに、写真のゴルガッパは、ヴァラナシのとある店のもの。)

 値段はどうだろう・・・相場は1個1~2ルピーくらいだろうか。
 だいたい、1回に5~6個食えば充分だ。

 このゴルガッパ、こちらの御菓子としてはかなり有名なようで、ポテトチップスにも「ゴルガッパ味」がある。
e0074199_243471.jpg

 日本の「ベビースター」や「たこ焼味チップス」のノリと思われるが、上記「ゴルガッパ・チップス」の完成度は・・・イマイチ。本物のゴルガッパには遠く及ばない。
by bharat | 2005-11-04 02:01 | インドB級グルメ