<   2005年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
派遣プログラムの設定
白紙の2年計画

 昨年末に、インド派遣員が内定したんだけど、なにせ第1号生。
 プログラム内容が殆ど白紙状態。
 今年6月にインドに来るまでの半年間で、色々決めなければならなかった。


 まず、どこを拠点にするか。

 当社事務所がある場所が良いのか、それとも他の場所が良いのか・・・分からん。
 色々検討した結果、ヒンディー語ドップリの環境(ヴァラナシアラハバードなど)も捨てがたいが、第1号派遣員ということで当社インド事務所との緊密な連絡も必要だろうとのことで、デリーを拠点とすることになった。



 じゃあ、デリーのどこで学ぶか。

 当然、目的は「ヒンディー語の習得およびインド文化の理解」ということなんだけど、どこで学べばいいのか?・・・当初は全然分からんかった。

 ネットで色々検索したら、デリーでは、Delhi University(DU)、Jawaharlal Nehru University(JNU)、Kendriya Hindi Sansthanの3校が有名な大学・語学学校らしいことが分かった。
 現地事務所のインド人スタッフや日本の人事部と相談した結果、JNUが良かろうということになった。
e0074199_481762.jpg



 インド人スタッフの助けを借りて、大学の諸申請手続を済ませて貰い、大学からのAdmission Letterを取得。
 それを、日本のインド大使館に持っていき、学生ビザを発行して貰う。

 6月26日(日)の飛行機で、無事デリーへ・・・・



 
by bharat | 2005-06-27 04:09 | インド生活
第1号インド派遣員
自己紹介

 皆さん、こんちには。

 今回、人生の一大転機を機にブログを始めたBharatです。

 簡単な自己紹介をすると、日本企業入社7年目の男で、今年の6月末からインドに来た。
 来た目的は、普通の駐在員ではなくて、「言語および文化を習得する」ために派遣された、派遣員だ。

 当社は、海外の言語や文化に慣れ親しんだ社員を育成するために、2年間の海外派遣プログラムを実践していて、過去何十年間にわたって、欧州・南米やアジアなどに社員を送り込んでいる。最近では、御時世を反映して、中国語の習得を進めるべく同国に複数名派遣したりしている。
 プログラム内容は、派遣1年目は通常勤務せずに現地大学などに通学して現地語の習得や文化の理解などに集中する。2年目に現地事務所で通常勤務し、2年目終了後に日本に帰国すると言う具合だ。

 上記プログラムについては、今までインドは派遣国ではなかったんだけど、今年から対象国になり、社内公募を経て、僕が派遣員となったというわけ。

 第1号派遣生ということで、日々試行錯誤もあるが、その内容を、皆さんと共有出来ればいいなと思っている。また、既にインド生活のベテランの皆さんからのアドバイスも貰えたらとても嬉しい。
by bharat | 2005-06-26 23:59 | 自己紹介など