<   2006年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧
第61回旅行は、インド東南最大の都市チェンナイ
 コモリン岬(カニヤクマリ)から続いたタミルナドゥ州の旅も、ここチェンナイがいよいよ最後。

南インド随一の文化圏
e0074199_313477.jpg 海岸線沿いに広がるこの都市は、人口650万人。
 インド第5の規模の都市だ。

 元々東南アジアとの貿易に適していたこの一帯は、その歴史を1世紀にまで遡る事が出来る。

 しかし、現在の街並みは、16世紀以降、欧州列強の植民地時代からのもの。
 ポルトガルがまず1522年にこの地に要塞を建築(サン・トメ要塞)。
 チェンナイの旧名マドラスは、このとき付けられたものだ。

 その後、オランダが入ってきて東インド会社の商館を構えた(1612年)。

 次いで、英国東インド会社も土地を取得し、1640年にセント・ジョージ要塞を建てた。
 英国はこの要塞に軍事力を集中し、ポルトガル・オランダ・フランスの勢力を牽制しつつ、インド南部の勢力圏を確固たるものにした。

 尚、チェンナイの地名は1996年マドラスから変更(正確には旧名に戻された)されたものだ。


欧州列強の遺物
 チェンナイの市内には、今でも欧州列強が建てた建築物が残っている。

e0074199_22274380.jpg これは、セント・メアリー教会。
 1680年に建てられたもので、チェンナイ東部のセント・ジョージ要塞にある。
 イギリスがインドで建立した教会の中で最古のものと言われている。

e0074199_230080.jpg このセント・ジョージ要塞の敷地内には、博物館もある。
 展示物のテーマは滅茶苦茶なのだが、興味深いものが多い。
e0074199_23102627.jpg 館外のこの大砲は、1799年、スリランガパトナム第4次マイソール戦争で使用されたもの。
 砲口部分にワニのデザインが施されている。
e0074199_23235311.jpg これは、英国東インド会社期のチェンナイ地区の地図。
e0074199_2329789.jpg 欧州絵画の展示コーナーもある。




オススメ度(100%個人主観)

   ★★☆☆☆ ・・・ 観光場所は意外に少ない

所要観光時間

   2時間
by bharat | 2006-03-26 10:30 | インドぶらり旅
第60回旅行は、チェンナイ近郊の門前町カーンチープラム
 チェンナイから南西に約80km、歴史ある寺院が今も残るカーンチープラムがある。

 詳細説明は後日するが、まずは写真をUP。

街並み
e0074199_19581538.jpg
e0074199_19583348.jpg


ヒンドゥー寺院
デーヴァラージャスワミ寺院
e0074199_2003368.jpg
e0074199_201377.jpg
e0074199_2015577.jpg
e0074199_2021011.jpg
e0074199_2022680.jpg
e0074199_2025965.jpg


カイラーサナータ寺院
e0074199_2041189.jpg
e0074199_2051829.jpg
e0074199_2054375.jpg
e0074199_206120.jpg
e0074199_2061918.jpg


エーカンバラナータル寺院・クマラコッタム寺院
e0074199_2083862.jpg
e0074199_2085185.jpg





by bharat | 2006-03-25 10:30 | インドぶらり旅
第59回旅行は、「インディジョーンズ」の町 マハーバリプラム
 チバムバラムから国道45号線を北上、マハーバリプラム(マーマッラプラム)に到着する。

 タミルナドゥ州の州都チェンナイからも程近く、見所も多いので、観光名所となっているようだ。

 詳細説明は後日するが、まずは写真のみUPした。

街並み
e0074199_14202636.jpg
e0074199_1421039.jpg
e0074199_14212720.jpg


岩壁彫刻群
アルジュナの苦行
e0074199_14285467.jpg
e0074199_14291068.jpg


ガネーシャ・ラタ
e0074199_1430147.jpg


クリシュナのバターボール
e0074199_14313442.jpg


トリムルティ寺院
e0074199_1433271.jpg
e0074199_14343029.jpg
e0074199_14344421.jpg


ヴァラハ窟
e0074199_14355574.jpg


マンダパム
e0074199_1437177.jpg
e0074199_14373698.jpg
e0074199_14375217.jpg



スタラサヤマ・ペルマル寺院
e0074199_14384763.jpg



パーンチ・ラタ
e0074199_14421539.jpg
e0074199_14423189.jpg



海岸寺院とその周辺
寺院
e0074199_1443393.jpg
e0074199_14435567.jpg

e0074199_14443777.jpg
e0074199_14445221.jpg


海岸
e0074199_14452370.jpg
e0074199_14453850.jpg
e0074199_1446867.jpg
e0074199_14462328.jpg
e0074199_14463882.jpg

by bharat | 2006-03-24 10:30 | インドぶらり旅
第58回旅行は、海岸沿いの小都市チダムバラム
 タンジャブールから海岸沿いの道に出て北上、小さな町チダムバラムに到着。
 見所は少ないが、大きなゴープラムが1つ。

 詳細説明は後日するが、まずは写真をUP。

街並み
e0074199_3345993.jpg
e0074199_3352279.jpg


ナタラージャ寺院
e0074199_336532.jpg
e0074199_3364633.jpg

by bharat | 2006-03-23 10:30 | インドぶらり旅
第57回旅行は、世界遺産のゴープラムがあるタンジャブール
 今回の行先は、タンジャブール(タンジョール)。

 詳細説明は後日するが、まずは写真のみUPする。

ブリハディーシュワラ寺院(Brihadishvara Temple)
e0074199_2442158.jpg

e0074199_24520100.jpg
e0074199_2455620.jpg
e0074199_2462438.jpg
e0074199_2481383.jpg
e0074199_2483043.jpg


タンジャブール・パレス(Thanjavur Palace)
e0074199_2554711.jpg

e0074199_250278.jpg

e0074199_252525.jpg
e0074199_253879.jpg
e0074199_2532839.jpg
e0074199_255536.jpg
e0074199_2552296.jpg

by bharat | 2006-03-22 10:30 | インドぶらり旅
第56回旅行は、岩山の寺院が見事なトリチー
e0074199_042384.jpg トリチー(またの名をティルチラパッリ)は、マドゥライから約130kmにある都市。



軍事の要衝は、今は商業・工業拠点
 トリチーは人口約40万人で、タミルナドゥ州ではチェンナイ、コインバトール、マドゥライに次いで4番目に大きな都市だ。
 都市名の由来については諸説あり、ジャイナ教の高僧チラに尊称ティルをつけて呼んだのが始まりとか、ヒンドゥー神話の悪魔トリシラ(魔王ラヴァナの弟、ラヴァナについてはコチラを参照)にちなんで付けられたのはじまりとか言われている。
 現在は、シヴァ派ヒンドゥー教徒たちの聖地に位置づけられており、みるべきヒンドゥー寺院も多い。

 地理的には、カーヴェーリ川が形成する流域の平地とインド中央に位置するデカン高原とを結んでおり、かつては軍事上の要衝として要塞等が建築され、今も交通の要衝として商業中継点・工業拠点として機能し続けている。


要塞に建つヒンドゥー寺院
e0074199_5535583.jpg
e0074199_5543010.jpg
e0074199_5552443.jpg
e0074199_5554386.jpg


ナタルワーラー・ダルガー
e0074199_5485413.jpg
e0074199_549937.jpg


シュリランガム
e0074199_641998.jpg
e0074199_65323.jpg
e0074199_652326.jpg
e0074199_672842.jpg
e0074199_67479.jpg
e0074199_68987.jpg


ルルド教会
e0074199_557619.jpg
e0074199_5572142.jpg
e0074199_5574020.jpg




オススメ度(100%個人主観)

    ★★★☆☆ ・・・ ロックフォート寺院からの眺望は最高

所要観光時間

    3~4時間
by bharat | 2006-03-21 10:30 | インドぶらり旅
第55回旅行は、州内第3の大都市マドゥライ
e0074199_1132625.jpg コモリン岬(カニヤクマリ)ラーメシュワラムへのアクセス拠点として機能しているのが、ここマドゥライ。
 移動拠点のみならず、人口100万人強のこの都市には紀元前からの歴史もあり、見所も多い。


タミルの都
 マドゥライは、タミル語圏の文化発信地であり、商業の中心地だ。
 タミル語の文献により、この場所は紀元前4世紀頃から都市機能を持っていたことが確認されている。
 また、紀元後8世紀頃からは、南インドの大半を支配したチョーラ王朝の支配下となった。
 次いでナーヤカ王朝に支配され、更には英国東インド会社の支配下となったが、歴史的建築物は破壊されることなく、増改築あるいは修繕されて、そのうちのいくつかは見事な色彩感を保っている。

ティルマライ・ナーヤカ宮殿(Tirumalai Nayak Palace)
e0074199_131697.jpge0074199_1301994.jpg
e0074199_1304131.jpge0074199_130891.jpg
 1636年、その名の通りティルマライ・ナーヤカによって建立された。
 当時の面影を残す2つの建物が残っている。
 天井の蓮の花や、ヤーリ(ヒンドゥー神話の動物で獅子と象が合体した姿をしている)などヒンドゥー建築の要素を色濃く持ちながら、柱のつくりや艶やかな色彩など欧州系建築様式の要素も見受けられる。

シュリ・ミナクシ(Sri Minakshi)寺院
e0074199_1473936.jpg
e0074199_1503218.jpg 17世紀に建てられたこの寺院は、ミナクシ女神の名を祀っている。
 ミナクシ女神は、元々タミル地域に土着の女神だったが、ヒンドゥー教が全インドに広がる過程でヒンドゥー教の中に組込まれた。
 彼女(ミナクシ)は、ヒンドゥー教のシヴァ派からもヴィシュヌ派からも熱烈なラブコールを受け、今はシヴァ神の奥さんであり、ヴィシュヌ神の妹ということになっている。
e0074199_1543616.jpg ゴープラム(塔門)は、南のものが一番高く50m弱あるという。
 彫刻も細かく、色も鮮やか。
 ゴープラムをくぐって内部に入り、高いところから見ると、ゴープラムと内部の各寺院がニョキニョキそびえているのを確認できる。
e0074199_21504652.jpg 敷地内には、シヴァ系の寺院であることをアピールするように、ナンディ(牛)像が。
e0074199_22121460.jpg 周囲の回廊の彫刻は、色彩感に溢れかなり精巧な造作。
 丸みを帯びた優しいタッチの彫刻が特徴的。
e0074199_22175733.jpge0074199_2218663.jpg 本堂は、一転して厳かな雰囲気。
 派手な色使いは無いが、白色の彫刻が綺麗に残っている。
e0074199_22183461.jpge0074199_22184272.jpg 中央には、金で出来た柱。
 よくヴィシュヌ派の寺院で見られるタイプだ。
e0074199_2225569.jpg 敷地内の象は、祭事・儀式用のもの。


寺院周辺
 シュリ・ミナクシ寺院の周辺は開けており、一大繁華街を形成している。

トイレ・・・だよね?
e0074199_2232868.jpg タミル語圏外の人も多く来訪するということなのか、公衆便所の看板もちゃんと英語表記・・・なのだが・・・
 「バス」ルームではなく、「ボス」ルームになってる・・・。

何と間違えてるの?
e0074199_22463241.jpg また、寺院の向かい側の建屋は、丸ごと洋服の仕立て屋になっている。
 店舗がところ狭しと並び、生地がブッ積んであったり、ミシンがうなりをあげている。
 ・・・とここまでは、大して特徴も無いのだが・・・

 ここで働くすべてのスタッフが日本人を見るなり、「どんぐりコロコロ!!」と声を掛けてくるのである。
 おそらく、以前来た日本人観光客が冗談で「こんにちは=どんぐりコロコロ」と教えただろうが、これが実によく浸透しているのだ。



オススメ度(100%個人主観)

    ★★★☆☆ ・・・ ミナクシ寺院と「どんぐりコロコロ」はハズせない

所要観光時間

    2~3時間
by bharat | 2006-03-20 10:30 | インドぶらり旅
第54回旅行は、スリランカとの国境ラーメシュワラム
 カニヤクマリから北上、マドゥライを経て一路東へ。
 スリランカとの国境地域、ラーメシュワラム(Rameswaram)だ。

ヒンドゥー教の聖地・ラーマゆかりの地
 ここラーメシュワラムは、インドの東西南北に位置する「四大神嶺(よんだいしんりょう)」と呼ばれるヒンドゥー教の聖地である。
 因みに、北はヒマラヤ山系のバドリナート、東はオリッサ州のプリー(ジャガンナート)、西はグジャラート州のドゥワールカー。
 ラーメシュワラムは、ヒンドゥー教の叙事詩『ラーマーヤナ』における重要な場所となっている。『ラーマーヤナ』の内容についてはコチラを参照して欲しいが、主人公ラーマ王子は拉致されたシータ姫を救うためにスリランカに渡ったが、その出征地が、ここラーメシュワラムだと言われている。



ラーマゆかりの寺院群
 当然だが、この地に建っている寺院は、ラーマ神ゆかりのものが中心だ。

ラーマナータスワミ(Ramanathaswamy)寺院
e0074199_21481059.jpg
e0074199_2215492.jpg この場所で一番目立っているのがこの寺院。
 12世紀に建てられたのち、代々の王が増改築を繰返し、17世紀頃に現在の形になった。
 南インド特有の建築様式で、本堂を正方形(もしくは長方形)状に回廊が囲み、四隅の門はゴープラムと呼ばれ、ピラミッド状の部分にヒンドゥー教に纏わる神々の装飾が施されている。
e0074199_030952.jpg 本堂には非ヒンドゥー教徒は入れないが、回廊は見られる。
 色鮮やかな彫刻は見ものだ。
e0074199_0342964.jpg
e0074199_035128.jpg この寺院には当然観光客だけでなく、礼拝者も数多く訪れる。
 儀礼用に使う象もいる。


コータンダスワミ(Kothandaraswamy)寺院
e0074199_0374552.jpg ラーメシュワラム島を南東に進むと見えてくるこの簡素な造りの寺院。
 ラーマ王子がスリランカに渡り、魔王ラヴァナを討ち果たした後、この地で儀礼を執り行ったという。


ガンダマダナ・パールヴァタム(Gandamadana Parvatham)
e0074199_0422599.jpg ラーマナータスワミ寺院の北側にある神殿で、小高い丘に建っている。
 ラーマ王子の足跡が保存されている(と言われている)。
e0074199_0484955.jpg 周囲の村落を見渡すことが出来る。
 葉っぱで出来た建物が、南インドの風情を醸し出している。



インドには珍しい・・・
e0074199_0501123.jpg インド本土とラーメシュワラム島とを結ぶのが、このインディラ・ガンディー・ブリッジ。
 跳ね橋になっている。
 こんな浅瀬を大きな船も通らないだろうに・・・。
e0074199_0542836.jpg ふと海に目をやると、小さな船がたくさん停泊していた。




オススメ度(100%個人主観)

    ★★★☆☆ ・・・ 巨大な寺院に紺碧の海が特徴的

所要観光時間

    3時間
by bharat | 2006-03-19 10:30 | インドぶらり旅
第53回旅行は、インド最南端の地 コモリン岬(カニヤクマリ)
 3月下旬、南インドはタミルナドゥ州に行って来た。
 友人3人と4日間の強行日程での周遊だったが、充分に独特の歴史・雰囲気を堪能することが出来た。

 まずは、空路ケーララ州のトリヴァンドラムに入り、車でコモリン岬へ。
 正式な地名は、カニヤクマリ(Kanyakumari)という。

処女女神の地
e0074199_0164311.jpg
 東のベンガル湾と西のインド洋が交わるこの場所は、ヒンドゥー教の聖地になっている。
 地名カニヤクマリは、「カニヤ女神」を指す。
 デーヴィ・カニヤ(Devi Kanya)とも呼ばれるこの女神は、シヴァ神の妻パールバティ女神の化身と言われている。
 神話の中では、処女であることが聖なる力の源になっており、結婚すつろその力が無くなり、バナスール(Banasur)率いるアスラ(阿修羅、悪魔)勢力の台頭を許してしまうという設定になっている。あるとき、カニヤクマリの地から12km離れたスーチンドラム(Suchindram)の神がどうしてもデーヴィ・カニヤと結婚したいと望んだので、賢者ナラーダ(Narada)がこれを諦めるよう一計を講じた。結婚に適した夜明け前の時刻に、ニワトリの鳴き真似をして夜が明けたと騙したのだ。ナラーダの真似た泣き声を聞いて、スーチンドラムの神は結婚の好機を逃したと諦め、帰っていった。その後、処女を通したデーヴィ・カニヤは聖なる力が衰えることなくバナスールを討ち果たしたそうな、めでたしめでたし。

 
 因みに、写真の右に見える粗末な柱と屋根だけの建造物が、デーヴィ・カニヤを祀るクマリ・アンマン(Kumari Anman)寺院。


ガンディー記念堂
e0074199_16123357.jpg 入場料タダかと思いきや、一応入場料がかかる(Rs5かRs10だったと思う)。
 文字通り、マハートマー・ガンディーに纏わる建物である。
e0074199_16161734.jpg ガンディーの遺灰が海に流されるまでの間、この場所に遺灰が安置されていた、とある。


津波被害者追悼碑
e0074199_16191920.jpg 2004年12月26日に発生したスマトラ沖大津波の被害で亡くなった人たちへの慰霊碑。
 付近の露店で、当時の津波を撮影したDVDの映像を見せて貰ったが、この一帯にもかなりの高さの波---上の大きな写真にある海上の石像(ヴィヴェーカーナンダ像)がへし折れんばかりの---が押し寄せていたことを確認。


聖なる海(?)で沐浴
e0074199_2195318.jpg ベンガル湾とインド洋が交わる場所、デーヴィ・カニヤ女神の地として、ここカニヤクマリは沐浴スポットでもある。
 ガート(沐浴場)をテクテク下り、早速沐浴。


露店でこんなものが!
e0074199_21181789.jpg 海岸沿いの露店では、ココナツを売っている。
 小刀で上を切って、中の液体を飲む。

 雑貨屋にあってビックリしたのごコレ。
e0074199_21243536.jpg
 日本の100円ショップ等で売っていそうな皮むき機。
 いかなる流通ルートで、インドの南端の露店に並ぶことになったのか・・・?



インドの新エネルギー源
e0074199_16245845.jpg 北に向かう道すがら印象に残ったのが、風車。
 意外にも、インドは先進的な電力政策を採っており、風力発電に関しては世界第5位のポジションにある。もともと慢性的に発生している電力不足を補うだけの火力発電・原子力発電能力のないインドでは、この風力発電や水力発電に力を入れている。
 インド南部の海岸線沿いや、インド西部のグジャラート州は、風力発電に適した風が吹くらしく、このカニヤクマリ近辺にも風車が立てられているという訳だ。



オススメ度(100%個人主観)

   ★★★★☆ ・・・ インド最南端、一度は行くべし

所要観光時間

   1~2時間
by bharat | 2006-03-18 10:30 | インドぶらり旅
デリー 14 チベット人居住区
 意外と知られていないが、デリー市の北の一角に、チベット人居住地域がある。

 場所は、プラーナーキラーの北側、オートエキスポIITFが開催されたPragathi Maidanの傍。
e0074199_15445421.jpg
 一見すると素通りしてしまいそうだが、この一角だけ、チベット語で書かれた広告の店がポツポツ並んでいる。立派な学校もある。


そこはなんとも不思議な世界・・・

 いきなり目に入ったのは、店の前でビリヤードみたいなテーブルゲームに興じる袈裟姿のチベット僧。木村祐一??
e0074199_155156.jpg


 大通りから狭い路地を入ると、とてもデリーとは思えないこの風景。
e0074199_15524088.jpg

 ・・・でも、北側に抜けると、いつもと変わらぬ汚い聖川ヤムナーがあったりする。
e0074199_15534672.jpg



e0074199_15575431.jpg 町通りは、どこかひっそりと落着いている。
 本屋にはチベット語の仏教関連書籍が並び、デリーではなかなか見ない梅干なんかを売る食べ物屋もある。
e0074199_15593733.jpg

e0074199_17431041.jpg 民俗手芸品を売る店もチラホラ。
 この店のならびにあったレストラン「TEHOR」では、珍しい牛肉のモモ(チベット餃子)を食わしてくれる。

e0074199_17465128.jpg レストランやホテルなんかも結構あり、ダラムサラー・マクロードガンジを小さくした感じの街並みかな。

e0074199_17503084.jpg 疲れた体にはマッサージ・・・ってことで、偶然見つけたマッサージ屋でマッサージして貰った。
 値段は、300ルピー(約780円)と手頃だが、どの辺がチベット式マッサージなのかは分からなかった・・・ちょっと整体風のマッサージで、痛いけど、マッサージ後は体スッキリ☆






 ちょっと変わったデリーの様子・・・また行こうかな。
by bharat | 2006-03-17 10:14 | デリー市内あれこれ