<   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
近くて遠い国 スリランカ

e0074199_3214199.jpg 先日、インドの隣国スリランカへ行ってきた。
 タミルナドゥ州のラーメシュワラムに行った際、目と鼻の先にあったスリランカ(肉眼で確認することは出来なかったが)について、もっと知りたいと思い、近いうちに行ってみたいと思っていた。

 限られた日数で、効率良く周遊したかったので、どういうルートで周るか研究した。
 我々日本人にとっては、インド以上に知らない国かも知れない・・・ということを痛感。



スリランカという国の概要

e0074199_593174.jpg名称:スリランカ民主社会主義共和国

面積:65,600km2(北海道の8割)
首都:スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ
人口:約1,950万人
民族:シンハラ人(73%)・タミル人(18%)・ムーア人(8%)・バーガー人(1%)
言語:シンハラ語・タミル語
宗教:仏教(70%)・キリスト教(11%)・ヒンドゥー教(10%)・イスラム教(9%)
GDP:3,700USD(1人あたり)


 余談だが、シンハラ語については、日本で正式に研究している先生は1人だけで、日本で同言語を習いたい場合はその先生に頼むしかないという。・・・まぁ、在日スリランカ人に頼めば教えてくれるだろうけど。


スリランカの歴史

 スリランカという名は、意外に新しく、1972年5月22日にイギリスからの完全独立時に正式に命名されたもの。それ以前は、セイロンと呼ばれていた・・・紅茶のブランド名で有名だ。今でもスリランカの島はセイロン島の名で呼ばれている。

 スリランカの歴史がスタートしたのは、紀元前5~7世紀頃と推測されており、北インドからの移民が発端であったと言われている。現在のスリランカの主要言語のシンハラ語がアーリヤ系言語であるのもこれに起因するという。
 その後、紀元前3~2世紀に仏教がインドよりもたらされた。伝説によれば、仏教伝播の主導者は、アショーカ王(関連する場所はこちら)の弟(あるいは王子とも)マヒンダだったという。彼が、ミヒンタレーの王を仏教に改宗させ、その後スリランカ全土に仏教が広まったとしている。仏教が栄えた1つの証拠として、ちょうどこの時期に、王都があった地アヌラーダプラに、大きな僧院(マハーヴィハーラ)が建てられた。因みにこの頃の仏教はおおむね小乗仏教(上座部仏教)だったが、大乗仏教も徐々に南インドから流入してきていたようだ。
 紀元前2世紀~紀元後1世紀の間は、南インドも巻き込んで、各地の王による覇権争いが激化した。まず、紀元前145年、タミルの王エラーラがアヌラーダプラを陥落させ、以降44年ここを統治したと記録がある。このエラーラを倒したのは、スリランカ南東のローハナ地方に拠点を置いていたドゥッタガーマニー、紀元前101年のことだった。
 紀元後5世紀頃に、アヌラーダプラの南東シーギリヤに巨岩王宮が建てられたが、この時期はまだスリランカ島(セイロン島)の北部が中心の歴史だった。

 これが大きく変化するのが、10世紀~11世紀初め。南インドのチョーラ朝が同地域のパーンディヤ朝を駆逐、パーンディヤ王はスリランカに逃亡してくる。これを追ったチョーラ朝がスリランカ北部を制圧し、都も、アヌラーダプラから中央東部のポロンナルワに移してしまった。この時期には、仏教建築物のほか、ヒンドゥー建築・信仰も行われていた。

 チョーラ朝がその後スリランカを放棄する政策を摂りはじめると、ローハナ地方から出たシンハラ王統のヴィジャヤバーフ1世がチョーラ朝を駆逐、ポロンナルワを王都に定めると、政治の安定、仏教の復興に尽力、治水設備の再整備や仏歯寺の建築等を行った。
 その後、マレーの諸勢力との拮抗状態が崩れ、南インド諸勢力が再度干渉を始めると、スリランカ北部は次第に彼らに侵食され、シンハラ王統は逃げるように南に移動、王都もポロンナルワからガンポラ、更には南西沿岸のコーッテへとどんどん南に移していく。

 15世紀末以降は、各地で王国が興る。コーッテの王国の他、セイロン島北端の諸島群ではタミル人のジャフナ王国が、中央山間部ではキャンディ王国が出現。コーッテ王国は、16世紀初めからポルトガルとコロンボを拠点にシナモン貿易を開始、交易関係を構築して、更には軍事的協力も受けるようになる。このときに築かれた砦が今でもゴールという地に残されている。
 コーッテ王国は、ポルトガルの海軍・大砲の力を借りて、ジャヌハ王国を支配下に入れ、残るキャンディ王国と対決することとなった。キャンディは、ポルトガルと同様積極的な植民地拡大政策を行っていたオランダと組んで、コーッテに対抗した。これが奏効して、キャンディ・オランダ連合は1658年にポルトガル勢力をセイロンから一掃することに成功した。

 1802年、オランダ・イギリスの植民政策・戦争により、スリランカはイギリスの支配下におかれ、1815年には、キャンディ王国がイギリスによって滅ぼされる。

 その後長くイギリス植民地となっていたが、1948年2月4日にイギリス連邦自治領という形で実質的独立を勝取る。1972年5月22日には、新憲法公布、国名改称(スリランカ民主社会主義共和国)して完全独立した。


スリランカにおける民族紛争

 この1972年の憲法の中に、仏教を特別扱いする内容があったとして、それまでくすぶっていたシンハラ人とタミル人との亀裂が表面化し、タミル統一戦線が発足、ここから過激勢力LTTE(タミル・イーラム解放の虎)が出現した。このLTTEは、全世界の中でも最も凶悪な組織とされ、昨今再危険視されているアルカイダが活発化するまでは、一番危険とされていたほどだ。
 1980年代には、政府軍とタミル勢力は全面戦争状態に突入したが、ノルウェーによる調停活動により、現在は停戦協定が発効中だ。
 しかし、ここのところ、北東部などでまたテロ行為が活発化しており、2005年8月12日にはカディルガマル外相が暗殺されるという事件が起きた。

 現在、コロンボなどの都市部や中央部の観光地などは平穏だが、外務省の海外安全情報では以下のようになっている(詳細地域名省略)。

 北部州:渡航延期・渡航是非検討
 東部州:渡航延期・渡航是非検討
 その他:十分注意

世界遺産は全部で7つ

 スリランカには、6つの文化遺産と1つの自然遺産がある。

 アヌラーダプラ(1982年指定)は、スリランカにおける仏教の聖地。
 ポロンナルワ(1982年指定)は、11世紀頃から王都がおかれた場所。
 シーギリヤ(1982年指定)は、5世紀に王宮が建立された場所。
 キャンディ(1988年指定)は、15世紀~イギリス支配期までのスリランカの王国があった場所。
 ゴール(1988年指定)は、15~17世紀にコーッテ王国と組んだポルトガルが軍事拠点を置いた場所。
 ダンブッラ(1991年指定)には、スリランカ最大の石窟寺院がある。

 シンハラジャ森林保護区(1988年指定)は、野生生物、樹木、低木、薬草などが手つかずで残されている世界でも数少ない原生林であるとして、自然遺産に登録された。


 このうち、今回は、6つの文化遺産を見てきた。
 詳細は、追々書いていく。
by bharat | 2006-04-14 10:30 | インド周辺国ぶらり旅
第62回旅行は、デリー郊外のスーラジクンド
 デリーの南20kmにある、巨大な溜池跡スーラジクンド(Surajkund)。
 年に1回の催事で盛り上がる、デリー近郊の知られざる名所だ。

ラージプートの貯水池
 このあたり一帯は、デリー市内とは異なり、小さな丘が目立ち、低木がまばらに生えている。
 ここを10~11世紀に統治していたラージプート(戦闘民族)のスーラジパルがこの地に溜池を作り、今日に至っている。
 何も催事が無いときは、ピクニック・スポットになっている。

インドの各州の民工芸品が大終結
 ここスーラジクンドで毎年2月に開催されるのが、Surajkund Crafts Mela。
e0074199_1844355.jpg


 インドの各州から民芸品や工芸品を集め、展示・販売する一大イベント。
 これだけ聞くと、デリー北部にある、State Emporiumとさして変わらない感じがするが、このCrafts Melaは、各州の折り紙付きの職人が集まってくるっ点が特徴的だ。
 なんでも、国(州?)公認の賞を受賞した職人・工房しかこのイベントには招待されないようで、この点で、ある程度品質が保証されていると言える。特に、模造・偽造が横行しているこの国にあって、これは、素人目には分かり易い判断材料だ。

e0074199_15303091.jpg メインエントランスは、なかなか味のある造り。
 インドの伝統的な骨董細工である真鍮の動物の置物をイメージしているようだ。
 エントランス脇にもいくつか立派な置物があったが、警備員の物置きと化していた・・・。

e0074199_15305052.jpg


e0074199_1533522.jpg 中に入ると、凹凸の激しい敷地内に、たくさんの露店があり、思い思いに物を陳列、販売していた。
 飲食店コーナーも充実しており、各州の食べ物を食べることが出来る。

e0074199_15345280.jpg これはオリッサの名物であるパラソル。


e0074199_1543157.jpg こちらは、身体障害者が作成するハガキ・封筒。売上は、彼らの施設運営資金に充てられる。


e0074199_1537746.jpg 敷地内では、各州の催すアトラクションや踊りなども。
 ミッキーマウスはいないが、インド神話のキャラクターが敷地内を闊歩し、民俗舞踊を披露するところもあった。
e0074199_15372935.jpg


e0074199_15494361.jpg このイベントでは、毎年スポットライトを当てる州があるようで、今年はマハラシュトラ州だった。敷地内には、ムンバイに程近いエレファンタ島の壁画のレプリカが展示されていた。「マヘーシュムルティ」は、3つの顔を持つシヴァ神の壁画で、世界の創造・維持・再生を3つの顔で表現しているという。
 いずれホンモノも観てみたいな。



戦利品
 ここで買ってきたものをいくつか。



e0074199_164285.jpg ポップな時計は、どこの州の商品か不明。
 2~300ルピー(約520~780円)だったと思う。

e0074199_1642026.jpg これは、マディヤ・プラデーシュ州ボーパールの絵本作家の書いた絵。
 1,000ルピー(約2,600円)前後だったろうか。

e0074199_162338.jpge0074199_1624643.jpg これは、ビハール州(ビハール州への旅の様子はこちら)の作家が作成した絵画。
 版画と思われる。
 数千ルピーしたが、気に入ったので購入してしまった。







 来年も2月にあるそうなので、行ってみようかな。
by bharat | 2006-04-10 10:30 | インドぶらり旅
分からん・・・インドの祝祭日の考え方。

 現在、現地時間の19時を過ぎたところ。

 今頃気が付いたのだが、本日4月6日はインドの祝日だったらしい。

e0074199_23315946.jpg
 「ラーマナワミ」・・・ヒンドゥー教の神様の1人、ラーマ神のバースデー(画像は、部下の猿神ハヌマーンと抱き合うラーマ神)。
 ラーマ神の生誕地と言われているアヨーディヤでは、盛大な祭りが執り行われるみたいだが、ここデリーは何事も無かった。少なくとも、僕の周辺では、ごく普通に1日が過ぎていった。朝からヒンディー語のクラスに行き、普通にインド飯を食い、売店でコーラを買込み、夕方家路に着いた。
 ガッコ(個人授業の塾)も空いていれば、レストランも営業中、売店も通常通りやっていた。

 インドに来る前は、色々な宗教が入り乱れていて、さぞ祝祭日が多いのだろうと、ちょっとウクウキしていたのだが、実際来て見ると、その殆どがオプショナル・ホリデー・・・要は関係あるヒトだけ休む制度を採っているみたいだ。カレンダーも、宗教ごとに赤い数字(休日)が異なる。
 みんながこぞって休むのは、共和国記念日(1月26日)、ホーリー(3月)、独立記念日(8月15日)、ディワリ(インド正月、11月)くらいなもんだ。

 共通の休みは少ないし、みんな宗教ごとに休む・・・ややこしいだけでは・・・?

 まぁでも、何千人といるヒンドゥーの神様の誕生日をいちいち休日にしてたら、1年のうち殆ど休みになっちゃうか。
by bharat | 2006-04-06 23:10 | ふと思うこと
インドのTシャツ 9

9. ヤク

 デリーのチベット人居住区の、とある店で購入した逸品。

e0074199_1441834.jpg

e0074199_1453234.jpg
 ヤクが横一列に整列している。カワイイので買った・・・それだけ。120ルピー(ヤク312円)。
by bharat | 2006-04-05 10:32 | インドのTシャツ