<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
デリー 16 裸の寺院 鳥の病院
 オールドデリーにあるジャミ・マスジッドのならびに、新しめの寺院が建っている。

ジャイナ教寺院
e0074199_3352662.jpg

e0074199_351963.jpg 赤砂岩と白大理石で出来たこの寺院は、まだ完成して間もないようで、入口付近の塔は未だに彫刻作業中だった。
 残念ながら、本堂の中には入れなかった。


鳥の病院
 ジャイナ教寺院と同じ敷地内には、こんな建物が・・・鳥の病院!?
e0074199_4115652.jpg

e0074199_4173026.jpg なんで、ゾロアスター教でも無いのに、鳥の保護をしているのかは不明だが、階段を昇って入口を入ると、こんな度肝を抜く絵がカベ一面に・・・。

e0074199_4382562.jpg 奥には、あらゆる種類の保護された鳥たちが入院中だった・・・。
 鳥インフルエンザに感染しないよう願いつつ、早々に退散。。。
by bharat | 2006-05-03 10:13 | デリー市内あれこれ
インドのTシャツ 10

10.ラジニカーント

 タミルナドゥ州を周遊したとき、マドゥライの露店で買った一品。
e0074199_2223172.jpg


 ヒンディ映画のスター俳優、ラジニカーント。
e0074199_22353283.jpg



e0074199_2243370.jpg 彼は、日本で一番有名なインド人俳優ではなかろうか?
 日本で唯一と言って良いヒット作のインド映画「ムトゥ 踊るマハラジャ」の主演男優だ。1995年にインドで公開、3年後日本で公開されヒットした。

e0074199_124989.jpg その後、彼の作品は何本か日本でもDVDで発売されている。「バーシャ!」、「パダヤッパ」「アルナーチャラム」。

 ラジニカーントは、バンガロールの1950年生まれ。バスの車掌をしていたが、そのときのパフォーマンスを買われ、チェンナイの映画学校に。その後は悪脇役~タミル映画俳優~ヒンディ映画俳優とスターダムを駆け上った。
 50過ぎのオジサンだが、南インドの人気は根強く、ゆくゆくは大政治家になるかもとも言われている。
by bharat | 2006-05-02 10:45 | インドのTシャツ
デリー 15 男性(同伴)でないと登れないジャミ・マスジッド
 オールドデリーにある、巨大なモスク、ジャミ・マスジッド(ジャマー・マスジッドとも、Jami Masjid)。
 今も、イスラム教徒が礼拝に訪れる、由緒ある建築物だ。
e0074199_204422.jpg


ムガル帝国の勢いを示す大建築
 
 この建物は、1656年にムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが建設した。
 5,000人の職人が6年間掛けて完成させたという。

e0074199_0192190.jpg
 白大理石と赤砂岩で出来た建物の周囲を28m四方の壁が囲む構造。
 この壁に囲まれた空間は、礼拝者20,000人を収容することが可能だという。




e0074199_0384079.jpg 建物の両脇には、左右対称に2本の尖塔がある。
 高さは約40m。
 向かって左側の尖塔には、登ることができる。
 但し、登れるのは男性もしくは男性同伴付のみ・・・イスラム教の教義か!?


e0074199_0391262.jpg 狭い塔の内側を螺旋状に登って頂上に出ると、ラールキラーやオールドデリー市街を一望出来る。高所恐怖症者には辛いだろうが、快晴時にはとても良い眺望だ。
e0074199_043681.jpg



「事件」以来どうなったろうか・・・?
 このジャミ・マスジッドで、爆破事件が起きた。
 4月14日の金曜日、イスラムの礼拝の最中、プラスティック爆弾の爆破が2回あり、数十人が負傷するという惨事が発生した。

 事件後、ここには行っていないが、自由に見て周れるのだろうか?
by bharat | 2006-05-01 20:36 | デリー市内あれこれ