<   2007年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
ギネスに載ったインドの食材とは??

 皆さん、最近日本のコンビニでこんな商品を見かけたことは無いだろうか?

e0074199_14514236.jpg



 「暴君ハバネロ」よりも辛いという触込みの、このジョロキア。
 実は、インド産唐辛子である。

 一般的に、ナガ・ジョロキアとかブート・ジョロキアと呼ばれるこの唐辛子は、文字通りナガランド(関連旅行記はコチラ)原産といわれている。
 因みに、「ブート」はヒンディー語でお化けという意味・・・化け物のような辛さということなのか。

 このブート・ジョロキアは、その辛さが世界一ということで2007年2月にギネスに登録された。実際にギネスに登録されたのは、ナガランドの隣州アッサム(関連旅行記はコチラ)で採取されたもの。
 ギネス記録時のサンプルの辛さを示すスコビル値は、1,001,304。
 これがどれだけ凄いかというと、タバスコグリーンソースで600~1200スコビル、ハバネロで100,000~350,000スコビル、催涙スプレーは2,000,000スコビル・・・ハバネロの約3~10倍の辛さで催涙スプレーに迫る辛さということである。
 ちなみに、測定値の元となるカプサイシンの100%値は16,000,000。

 過日、この唐辛子を試す機会があったのだが、ほんの爪の先くらいを舌の上に乗せただけで、火傷の様な症状が出て、それからは水を飲もうが他の食べ物で誤魔化そうが激痛で涙が止まらなかった(症状は実に1~2時間も続いた)。
 このお菓子はそんなに辛くはない。

 ブート・ジョロキアの活用方法。
 辛いお菓子に使うだけではない・・・というか正確には食用以外の活用方法のほうが広いのではと思われる。
 唐辛子の主成分であるカプサイシンは、鎮痛薬としての活用が研究されている。
 唐辛子から採取されるカプサイシンの量は、当然その多寡を示すスコビル値が大きい程多くなる。
 スコビル値の高い唐辛子からの方が効率的にカプサイシンを採取出来る訳だ。

 医薬業界の方、一度ブート・ジョロキアを検討しては如何?
by bharat | 2007-10-15 10:30 | インドB級グルメ