ラジニカーント60歳還暦! 日本で勝手に記念イベント

「ムトゥ 踊るマハラジャ」で日本でも御馴染みのラジニカーントが、2009年12月12日の誕生日で60歳の還暦を迎えた。

e0074199_14151813.jpg



日本では、インド本場のムンバイ映画(通称ボリウッド)よりも、「ムトゥ 踊るマハラジャ」が渋谷・新宿界隈でブレークしたので、タミル映画の方がポピュラーになってしまった感がある。

2000年以降のボリウッド映画は、割とダンス控えめ、ラブシーンも入れて、欧米に似せた作り込みのものが増えてきたが、タミル映画は良くも悪くも昔通りのインド映画である。

今回の「祝・還暦 特別講演」を行っているのも、渋谷の単館系のイメージフォーラム。
完全に、勝手に盛り上がって勝手に上映している感じだが、翻訳が松岡環さんということでちゃんと金をかけてやっているっぽい。
上映作品は、「チャンドラムキ」(2005)と「ヴィーラ」(1994)の2本で、いずれも上映時間が160分そこそことタミル映画にしては短め。

タミル映画が嫌いじゃないヒト、是非行ってみては?


イメージフォーラムのサイト:
祝★還暦 ラジニカーント
# by bharat | 2010-03-29 14:11 | インドのイベント
第106回旅行は、インド西部の商業都市スーラト
e0074199_142943.jpg 久々に新たな場所を訪れた。



e0074199_221757.jpg ムンバイを海外船沿いを電車を北上、グジャラート屈指の商業都市のスーラトに到着する。

 インド西岸の港町であったこの都市は、昔よりヒンドゥーやパールシー(ゾロアスター教徒)の商人たちが集まり栄えたが、大航海時代後の16~18世紀に欧州列強からも狙われることとなり、インド国内の王朝であるマラタ、ムガル、海外からはポルトガル、オランダ、英国の熾烈な争奪戦の舞台となった。
 その結果、インド人商人たちが退去したムンバイが現代インドのNo.1商業都市となっているのはなんとも皮肉だ。

 さりとて、今のスーラトがさびれているといったことはなく、地理的には、グジャラート州の工業地帯とムンバイ経済圏の双方の恩恵を受けて、現在もなお商業発展している。


e0074199_223316.jpg 史跡は少ない。
 地元の高名な導師の修行道場を覗き、
e0074199_224762.jpg 立派なヒンドゥー寺院のある小学校を見学。


e0074199_2252539.jpg ちょっと面白かったのがコレ。
 こんなところに、「JAPAN」マーケット・・・?

 日本製品が置いてあるのか??
e0074199_2321213.jpg 「JAPAN」と銘打った店舗もあるのだが、中に入って確認しても日本とはなんら関係ナシ。
 なんでも地元の人たち曰く、家電製品等の部品屋がたくさん入っているこのマーケットは、日本・韓国・中国等の部品が多く、「JAPAN」という名前を付したのだそうな・・・結局日本とは殆ど関係無いってことみたい。




オススメ度(100%個人主観)

   ★☆☆☆☆  ・・・ 特に見るものナシ


観光所要時間

   2時間
# by bharat | 2008-09-06 10:30 | インドぶらり旅
インドの激安自動車の全貌が明らかに!②
 1月15日に、インドの28万円カーについて触れたが、同僚がデリーのモーターショー(Auto Expo 2008 Delhi)に行って、更に詳細が判明。

1.名称とスペック
 車の名称は、Nano。
 内外装別に、価格帯を細かく分けるようだ。

【名称】 Tata Nano
【価格】 Rs.100,000- (約28万円)
      ローン購入の場合、
      3年なら月々Rs.3,200-(約9,000円)
      5年なら月々Rs.2,200-(約6,000円)
【寸法】 全長3,100mm x 全幅1,500mm x 全高1,600mm
      参考までに、日本の軽自動車の寸法は、
      全長3,400mm x 全幅1,480mm x 全高2,000mm
【排気】 623cc 33馬力 2気筒
【駆動】 4速マニュアル
【定員】 5名
【燃費】 20km/L (燃料タンク容量は30L)
【速度】 最高105km/h
【規制】 欧州環境規制Euro4に対応
      (因みにインドでこの基準はまだ強制されていない)
      クラッシャブルゾーン確保
      前席シートベルト

2.発売時期

 2008年9月より予約受付


3.外観
(1)Base Grade
e0074199_1015324.jpg

e0074199_102836.jpg

 スチールホイール、樹脂バンパーの安っぽさは否めないが、見栄えはハッキリ言って普通。
 28万円でよくここまで仕上げたと感心してしまう。

(2)高級Grade
e0074199_1035598.jpg

e0074199_104333.jpg

 ホイール、バンパーがグレードアップし、高級感が増している。
 価格がいくらになるかは不明だが、見栄えが良い。


4.内装
e0074199_1063524.jpg

e0074199_1064328.jpg


 内装は、シンプルというか・・・貧相。
 致し方の無いところか。

 座席の薄さがとても気になるが、それが幸いしているのか、現行のインドの大衆車の代名詞であるスズキ自動車の「マルチ800」と比べて車内空間は20%も広いんだとか。

 計器類は最小限に止められ、ステアリング部分およびアクセル/ブレーキ/クラッチ部分を除いてインパネは左右対称に設計されている。
 将来的に、左ハンドル国への輸出も考えているのか!?


番外. インド勢の飽くなき野望
 更に驚くべきことに、インド2輪大手のBajaj Autoの「コンセプトカー」も展示されていた。
e0074199_1024270.jpg

 こちらも外観上は全く通常の車と遜色無い。

 来年くらいの発売になるのだろうか・・・?
 インドの若者へのマーケティングに定評のあるBajaj。
 恐らく、この車もかなりインドの若者層を食っていくことだろう。
# by bharat | 2008-01-21 10:30 | ふと思うこと