タグ:アッサム ( 4 ) タグの人気記事
ギネスに載ったインドの食材とは??

 皆さん、最近日本のコンビニでこんな商品を見かけたことは無いだろうか?

e0074199_14514236.jpg



 「暴君ハバネロ」よりも辛いという触込みの、このジョロキア。
 実は、インド産唐辛子である。

 一般的に、ナガ・ジョロキアとかブート・ジョロキアと呼ばれるこの唐辛子は、文字通りナガランド(関連旅行記はコチラ)原産といわれている。
 因みに、「ブート」はヒンディー語でお化けという意味・・・化け物のような辛さということなのか。

 このブート・ジョロキアは、その辛さが世界一ということで2007年2月にギネスに登録された。実際にギネスに登録されたのは、ナガランドの隣州アッサム(関連旅行記はコチラ)で採取されたもの。
 ギネス記録時のサンプルの辛さを示すスコビル値は、1,001,304。
 これがどれだけ凄いかというと、タバスコグリーンソースで600~1200スコビル、ハバネロで100,000~350,000スコビル、催涙スプレーは2,000,000スコビル・・・ハバネロの約3~10倍の辛さで催涙スプレーに迫る辛さということである。
 ちなみに、測定値の元となるカプサイシンの100%値は16,000,000。

 過日、この唐辛子を試す機会があったのだが、ほんの爪の先くらいを舌の上に乗せただけで、火傷の様な症状が出て、それからは水を飲もうが他の食べ物で誤魔化そうが激痛で涙が止まらなかった(症状は実に1~2時間も続いた)。
 このお菓子はそんなに辛くはない。

 ブート・ジョロキアの活用方法。
 辛いお菓子に使うだけではない・・・というか正確には食用以外の活用方法のほうが広いのではと思われる。
 唐辛子の主成分であるカプサイシンは、鎮痛薬としての活用が研究されている。
 唐辛子から採取されるカプサイシンの量は、当然その多寡を示すスコビル値が大きい程多くなる。
 スコビル値の高い唐辛子からの方が効率的にカプサイシンを採取出来る訳だ。

 医薬業界の方、一度ブート・ジョロキアを検討しては如何?
by bharat | 2007-10-15 10:30 | インドB級グルメ
第92回旅行は、宗教ミックス地帯ハジョ
 アッサム州都グワハティから車で1時間少々(西に約50km)行ったところに、ハジョという小さな集落がある。

全インド的に有名な希少シルク産地
e0074199_14203788.jpg 正確にはハジョではないが、ハジョの近くにあるスアルクチ(Sualkuchi)は黄金色をしたシルク、ムガ・シルク(Muga Silk)を産する場所として有名だ。
 このシルクは、メクラチュドール(Meklachudor)と呼ばれる女性の婚礼衣裳に使われるのだという。


ヒンドゥー教&イスラム教&仏教の聖地
 グワハティからこのハジョに足を伸ばしたのは、ここが3つの宗教の聖地だという興味深い特徴を持っていたから。

 ヒンドゥー教徒にとっては、ここがパーンダヴァ(Pandava)が隠遁生活を送った場所だと信じている。パーンダヴァとは、インドの大叙事詩『マハーバーラタ』に出てくる主役の5人の王子のことで、名前は夫々ユディシュティラ、ビーマ、アルジュナ、ナクラ、サハデーヴァという。
 彼らは、従兄弟のドゥリヨーダナの策略によって財産・土地を奪われ、12年間に亘る放浪生活を余儀無くされる。その後の失地回復運動が『マハーバーラタ』の中心的主題となっている。

 仏教徒にとっては、ここが仏陀入滅(死ぬこと、ニルヴァーナ)の地だとされている。
 (一般的には、クシナガルというウッタル・プラデシュ州の北東の地で入滅したと言われている。)

 イスラム教徒にとっては、ここはギャースウッディーン・アウリア(Ghiasuddin Aulia)がイスラム教巡礼の地と定めた場所とされている。


ハイグリバ・マーダバ(Hayagriba Madhaba)寺院
e0074199_1542818.jpg
e0074199_15141095.jpg 元々は6世紀にまで遡ることが出来るという古い寺院。
 一度破壊され、1583年にラグデブナラヤン(Raghudebbarayan)王によって再建された姿が現在まで残っている。
 敷地内の溜池には、亀や魚が大量にいて、エサをやると寄って来る。
e0074199_15171721.jpg 壁面の彫刻は、痛みこそあるがなかなか立派なものが残っている。
e0074199_15172772.jpg


 本堂には、ヴィシュヌ神が祀られている。
e0074199_15185741.jpg



 また、この寺院は仏陀も信仰対象になっており、ヒンドゥー教徒のみならず仏教徒も数多く参拝に訪れると言う。


鉄椀?
e0074199_15562865.jpg 上述したパーンダヴァ5人兄弟の次兄ビーマが隠遁生活の際に使用したという、鉄の椀。
 細かい説明も無いが、大切そうに安置されている。



ポア・メッカ
e0074199_15471796.jpg 時間が無くて上まで登れなかったが、1657年に建てられた。
 ムガル帝国第4代シャージャハーン(タージマハルを建てた王様)の子スジャウッディン・マハメッド・シャー(Sujauddin Mahammed Shah)の命によってギャースウッディーン・アウリアがこの地にモスクを造り、以降ここがイスラム教徒たちの心の拠り所となった。
 その後、ここにはギャースウッディーン・アウリアの霊廟が安置された。
e0074199_15514015.jpg ハジョにはおくつかのモスクがあり、今でもイスラム教徒たちが数多く住んでいることが分かる。



隠れた名産品
e0074199_15585498.jpg 集落の中心街で、やたらと目にした真鍮細工の店。
 各寺院・モスクなどで使用する用具を作成する需要から、真鍮細工がこkのあたりの名産品になったみたいだ。




オススメ度(100%個人主観)

     ★★☆☆☆

所要観光時間

     2時間
by bharat | 2007-05-17 10:30 | インドぶらり旅
第91回旅行は、インドサイの地 グワハティ
 今回は、初めてアッサム州に行ってきた。

 インド東部に位置するこの州は、空路ではデリーから意外に近く、2時間少々のフライトで到達出来る。


北東7州を束ねるアッサム州
 インド北東部は、その地域特性・民族特性から、7つ纏めて捉えられることが多い。
 その7つとは、アッサム(Assam)州、アルナーチャル・プラデシュ(Arnachal Pradesh)州、ナガランド(Nagakand)州(同州の旅行記はコチラコチラ)、マニプール(Manipur)州、メガラヤ(Meghalaya)州、トリプラ(Tripura)州、ミゾラム(Mizoram)州。
 各州の様子については、デリーで開催されたIITFでだいたい把握していたが、これら7州の取纏め役的な役割を担っているのがこのアッサム州のようだ。
e0074199_13282860.jpg 北東7州の中でもっとも面積が広く、中央からのアクセスが良く、また根幹産業である紅茶産業と石油産業が充実していることも、7州を牽引する要因と思われる。
 州内にある、カジランガ(Kaziranga)国立公園では、世界的に珍しいアジアサイを見ることが出来ると言う・・・州都Guwahatiも自らをRhino Cityを銘打って、PRに精を出していた。


グワハティについて
 この州の州都はグワハティ(Guwahati)。
 自然の力(Shakti)とタントリズム(人間の欲望を追求し解脱を得るという、ヒンドゥーの一派)を信仰する小さな王朝がここに都を定めたのが始まりだという。

 その後、今のミャンマーから侵攻したアホム(Ahom)王朝がこの一帯を支配下に置くと、我々が良く知るところの一般的なヒンドゥー教が広まった。

e0074199_13151274.jpg このアホム王朝は、同時期にデリーで興ったムガル帝国と度重なる戦闘を繰返し、その戦地跡は今でも公園として残っている。

 19世紀以降アホム王朝は疲弊し、ここは英国政府による支配を受けることとなった。
 英国政府の当初の思惑は、ここ一帯をイスラム勢力下に置き、東パキスタンの領土に組込むことだったが、結局インド領となった。



e0074199_13234133.jpg 現在の人口は約58万人。
 勿論州内で一番の人口である。



ヒンドゥー教の聖地として
 また、グワハティは、ヒンドゥー教の聖地でもある。
 シヴァ神の最初の妻であるシャクティが死んでしまった際、シヴァ神はこれを悲しんでその亡骸を抱いたままインド中を飛び回った。
 その際、亡骸の体はバラバラに飛び散り、インド各地に落ちた。
 その場所が、現在インド各地でヒンドゥー教徒たちによって神聖視されており、このグワハティには、シャクティの女性器が落ちたとされ、特に神聖視されているのだ。

カーマッキヤ(Kamakhya)寺院
e0074199_13375081.jpg
e0074199_13385475.jpg 1665年に建立されたこの寺院には、シャクティが祀られている。
 今現在も沢山の参拝者が訪れる。
 砂岩で出来た寺院の周囲には、ヒンドゥー教の神々の彫刻が残っている。
e0074199_13384053.jpg 上述したように、ここはシャクティの女性器とゆかりがあるということで、彫刻の中にはこのような女性器を模したものも少なくなく、人々が色粉を塗りたくって拝んだ跡があった。
e0074199_1343048.jpg また、この寺院では、毎日ヤギの生贄が捧げられる。
 これは、その儀式のときに使う断頭台。
 今回はその瞬間を見ることは出来なかったが、多分コルカタで見たのと同じような感じだろう。

 

その他の見どころ
 他に行ったのは、こんなところ。

カラクシェトラ(Kalakshetra)
 アッサム州をはじめとするインド北東7州の民族博物館コンプレックス。

e0074199_13573441.jpg 入口付近には、昔の王朝が建てた城門のレプリカ。
e0074199_13584840.jpg 敷地内には、現地の伝統的な家屋のレプリカも。
e0074199_13593361.jpge0074199_13594658.jpge0074199_13595676.jpg
 地元のアーティストが作成したと思われる、様々な彫刻も。
 全てヒンドゥー教に関連したモチーフだが、ポップなタッチに仕上がっており、とてもかわいい。
e0074199_1413948.jpg これは、屋外小劇場。
 たまたま演目が無かったのか、暫らく使っていないのか・・・。
e0074199_1424210.jpg これは子供用遊園地。
 遊具より気になったのが・・・
e0074199_1434470.jpg 子供が泣き出しそうな、この壁の絵。
 もっと子供に好感を持たれる絵にすべきだと思うが・・・。


 また、写真禁止だったので撮れなかったが、博物館内の展示物が面白かった。
 伝統民族祭の際に使用する、色々な御面を飾っていたのだが、これが実に見事だった。
 一見の価値あり。



アッサム料理
e0074199_1474647.jpg ここの御当地料理を出す、数少ないレストランがここ「PADRADISE」。
 屋内はとても綺麗で、割高な料金設定も納得の設備だ。
e0074199_1485660.jpg ヒンドゥー様式と御当地の食物を組合せた特徴的な料理が出てきた。
 ターリー(大皿料理)に、アッサムでよく食べられるアヒル肉のカレーが入っている。
 アヒル肉のカレーはインドで初めてだったが、美味かった。




オススメ度(100%個人主観)

     ★★★☆☆ ・・・ 次は、ここを拠点にしてアッサム北東部に行ってみたい

所要観光時間

     3時間
by bharat | 2007-05-16 10:30 | インドぶらり旅
今日から、アッサムティーが飲めなくなる!?
 恐らく、殆どのインド人ならびに在印駐在者は知らないと思うが、昨日で「アッサム州」が無くなった。

 インド北東部に位置し、北をブータン、南の一部をバングラデシュに接するこの州は、周知の通り、紅茶で世界的に有名で、インド国内の紅茶生産の実に6割以上がここで生産されるという。
 また、インド併合時のいきさつが複雑で、インド中央から充分なサポートが得られない等の理由で、少し前まで独立運動が頻発していた。中でも、ULFA(アッサム統一解放戦線)の活動は活発・過激で、今でもブータン・バングラデシュに拠点を持って、密かに活動しているとも言われている。
 勿論、現在はテロが頻発するような事も無く、州都グワーハーティを中心に治安も保たれており、他の北東諸州と異なり、特に入域許可も要らない。

 で、話を戻すと、現在の呼び名「アッサム」は、イギリスが命名したものだ。
 この呼び名を、植民地化前の名前に戻そうというのが、今回の話で、昨日の州議会で、「アッサム」から「アソーム」になることが決定、即日発効した。

 なので、皆が昨日まで飲んでいたアッサムティーは、今日からアソームティーなのです!
 ・・・御後が宜しいようで・・・。
by bharat | 2006-02-28 13:36 | ふと思うこと