タグ:アーンドラプラデーシュ ( 4 ) タグの人気記事
【州別観光事務所3】アーンドラプラデーシュ・ハウス
e0074199_20405121.jpg
 デリー門のすぐそば、Ashok Roadにあるこの事務所。
 アーンドラ・プラデーシュ(Andhra Pradesh)州の出張事務所になっており、観光情報や風土料理を出す食堂などを備えている。

e0074199_20415270.jpg 建物内には、観光をアピールする看板がいくつかあるが、

e0074199_20423340.jpg
 一際目を惹いたのはコレ。
 サイババの家と思われ、ハッキリ言って何のアピールなのか分からない・・・サイババの住む州アーンドラ・プラデーシュ♪ とでも言いたいのだろうか・・・?


 さて、アーンドラ・プラデーシュ州についてだが、州都ハイデラバードを旅行した際に詳しく記したので、そちらを参照して欲しい。


 今回ここを訪れたのは、ここが美味しい御当地料理を出すとインド人の友達に聞いたから。

e0074199_20474751.jpg その食堂、様子はこんな感じ。
 地元のヒトだか職員だか分からないが、結構な賑わいを見せている。
 昼のメニューは、Veg(肉ナシ)・Non-Veg(鶏/羊/魚)から選ぶ。
 料金は全部Rs60-(約180円)/人。
e0074199_20505657.jpge0074199_20511298.jpg
e0074199_20534581.jpg これが結構美味い。
 食器などは決して綺麗ではないし、店員は殆ど英語NGだが、味はマル。
 アーンドラ・プラデーシュ特有の激辛な味付けがちゃんとされている。

 因みに、ボーイがカレーを持ってグルグル徘徊しており、断らないとワンコ蕎麦のようにガンガン皿にカレーを盛ってくるので注意。

by bharat | 2007-04-27 10:30 | デリー市内あれこれ
ホテル (6) Taj Krishna Hotel Hyderabad

e0074199_2211408.jpg
e0074199_2217284.jpg<名称>
 タージ・クリシュナ Taj Krishna Hotel Hyderabad

<住所>
 Road No.1, Banjara Hills, Hyderabad 500 034
e0074199_22205581.jpg<電話番号>
 +91-40-6666-2323

<宿泊料金>
 USD200~300くらい
e0074199_2222348.jpg<特徴>
 Hyderabad空港から車で10~15分の好立地。
 部屋は広く、インターネットの接続状況も良い。
 バスルームは広く快適な造り。
 ただ、広すぎて、便座に腰を下ろすと、中腰にならないと紙に手が届かない。

by bharat | 2007-02-02 10:30 | ホテル情報
第71回旅行は、蒼い海・にび色の港 バイザック
 アーンドラ・プラデシュ(Andhara Pradesh)州の海岸線沿い、オリッサ(Orissa)州境に程近いところにある、港湾都市バイザック(Vizag)。
 正式名称は、ヴィサカパトナム(Visakhapatnam)と舌を噛みそうだが、バイザックの方が地元でも通っているので、タイトルは通称で記した。

一大工業都市
e0074199_622218.jpge0074199_6221519.jpg
 ベンガル湾沿いにビーチが続くバイザックだが、実はインド有数の工業都市である。
 ムンバイに続くインド第2の貨物取扱いを誇る港湾、インド最大の造船所があり、その他重工業も盛ん。
 軍港としても有名。

ヒンドゥーゆかりの地として(ヒンドゥー寺院)
 インド名ヴィサカパトナムの、ヴィサカはヒンドゥー神の1人。
 ここは、マウリヤ朝やヴィジャヤナガル朝(都はハンピに置かれた)などの大国の支配下にあった。
 その影響か、この都市には、ヒンドゥー寺院・建築が数多く残っている。

シヴァ・カーリー御夫妻寺院
e0074199_4484680.jpg 海辺にある寺院。
 左がカーリー女神、右がシヴァ神を祀っている。
e0074199_5363679.jpg
 この2人、夫婦なのだが、カーリーは、パールバティがキレたときのバージョン。
 シヴァ神は破壊(と再生)の神として結構暴力的なのだが、カーリー女神はそのシヴァを踏んづけて、魔神の大量殺戮を繰り広げているのである。
 特に、彼女はコルカタとその周辺地域で圧倒的な支持を受け、独自の信仰文化を形成している。

カイラーサギリ(Kailasagiri)
e0074199_717769.jpg バイザック北の小高い丘にある公園。
 場所名は、文字通りカイラーサの丘・・・カイラーサはシヴァ神の住処。
 シヴァとその妻パールヴァティの大きな石像が見どころ。
e0074199_403062.jpg この丘には車で行けるほか、リフトでも行ける。
e0074199_411352.jpg 公園には、石像の他に灯台みたいな建物も。

ラーマクリシュナ寺院(Ramakrishna Mission)
e0074199_4202165.jpg 海辺のシヴァ・カーリー寺院のところから、少し丘を登るとある、新しい寺院。
e0074199_4205834.jpg 中に入ると、朝の御参りの最中だった。

ウトゥカル・サンスクルティカ・サマジ(Utkal Sanskrutika Samaj)寺院
e0074199_585163.jpg 別名ジャガンナート寺院。
 オリッサ州プリーにある世界遺産指定のジャガンナート寺院を真似て作られたから、こう呼ばれる。
 3つの建物が連なる構造が特徴的。
 因みに、プリーの建物の方がずっと大きい。
e0074199_5244496.jpg 寺の細部はオリジナルとは異なっている。
 とてもかわいい仕上がり。

シマーチャラム(Simhachalam)
e0074199_5455414.jpg バイザック市街から約16km離れたところにある大きな寺院。
 標高数百メートルの山を車で一気に登ると、参拝者でごった返す集落が。
e0074199_632559.jpg 中に入るには、数時間かかりそうだったので、パス。外観のみ確認・・・南インド恒例のゴープラム(塔門)様式で、門の中央には、大きくヴィシュヌ派を示すV字のマークが。
 寺院の向かい側の一角には、祭りのときに使用する神輿が格納されていた・・・祭りっていつやるんだろうか?
 ディワリ(インド正月、今年は10月21日)のときかなぁ?
参拝者に交じって、乞食やらモノ売りやらも沢山いたのだが、こんなヒトも。
 全身銀色に塗って、写真を撮らせて御布施を貰うのが生業らしい。
 ガンディーに見えるのは気のせい??

シマーチャラム周辺も楽しい
e0074199_6212795.jpg シマーチャラム寺院の丘から見下ろすと・・・何あれ?
e0074199_623465.jpg 近寄ると、こんなファンキーな門の家が。
 なんと、個人宅らしい。
e0074199_6272780.jpg 
また、丘のふもとには、立派なハヌマーン像が。


ポラマンバ(Polamamba)寺院
e0074199_6341625.jpg 比較的新しい寺院。
 寺院の名前にもなっているポラマンバは、地場の女神。


仏教遺跡
 バイザック市街を離れると、仏教遺跡が点在している。
 今回はそのうちの1箇所を観た。
トトゥラコンダ(Thotla Konda)
e0074199_6481027.jpg バイザックの北16kmに位置する。
 丘のふもとの入口の門で、通行料(10ルピー≒26円だったかな?)を払って、丘を登っていく。
e0074199_6493117.jpg 遺跡は柵で囲まれているのだが、入口がとても分りにくい。
 入ると、全景はこんな感じ。
 紀元前2世紀~紀元後2世紀にかけて建てられた。
e0074199_6524725.jpg 地名トトゥラコンダは、現地語で「溜池の丘」を意味する。
 標高130mの丘に建てられた寺院群で修行する仏教僧の生活のために、作られた石製の貯水タンクから地名がついたというわけだ。
e0074199_6594954.jpge0074199_701164.jpg このあたりは小乗仏教が信仰されていたため、礼拝堂あるいは説法所とされる建物跡にも仏像は無い。
e0074199_721290.jpge0074199_722947.jpg 周辺には、僧たちの宿坊があり、そこら中に転がっている石には大昔の文字が彫られている・・・経文とかかな?
e0074199_73666.jpg
遺跡の外には、明らかに後付けと思われる仏像が安置されている・・・こんなもの無い方がいいんじゃ?とてもウソくさい。


その他
e0074199_763580.jpg 海辺の道沿いには、築100年余りと言う、クルパム廟(Kurupam Tomb)。
 時の王様が亡くなった王妃のために建てたもの。

e0074199_792110.jpg これまた、海沿いにある建物・・・というか物体。
 現役を退いた潜水艦がズ~ンと置いてある。
 ちっちゃい博物館になっている。



オススメ度(100%個人主観)
 
   ★★★☆☆ ・・・ どの本にも詳しく紹介されていないが、なかなかですよ(※)。


(※)後日、ここがナクサライト(こちら参照)の活動拠点であることを知った。大量のロケット弾が押収されると言うキナ臭い事件が9月中旬に発生。皆さん、充分注意して観光しましょう。



観光所要時間

   5~6時間



by bharat | 2006-09-10 10:30 | インドぶらり旅
第24回旅行は、IT都市ハイデラバード
 今回は、初の南インド。
 アーンドラ・プラデーシュ(Andhra Pradesh)州の州都ハイデラバード(Hyderabad)を駆け足で観て来た。

 デリーで開催されたIITFで、どんなところなのか多少は知っていたが、なかなか特徴のある都市だった。

どんなところ?
e0074199_3504077.jpg ハイデラバードは、インド南部に位置するアーンドラ・プラデーシュ州の州都で、政治・商業の中心都市。人口450万人余り。
 このアーンドラ・プラデーシュ州は、インドのほぼ中央に位置し、東側はベンガル湾に接する。デカン高原に位置する地理特性上、州都ハイデラバード及びその周辺は岩肌や低木が目立つ。16世紀より、イスラム勢力(クトゥブ・シャーヒー王朝)によって支配さていたこの地域の中心都市はゴルコンダ城(Golconda Fort)だったが、水不足から都市機能を今のハイデラバードのある平地部にシフトした。その後、ムガル帝国によって同地域は侵略され、以降は同帝国から派遣された総督が統治するという支配形態を採る。いずれにせよ、この一帯は数百年の長きに亘り、イスラム勢力の統治下にあり続けたことになり、現在も多くのイスラム教徒が住んで
いる。
 アーンドラ・プラデーシュ州は、識字率・州内所得ともにインドの平均を下回るが、現在の州首相ナイドゥによるIT推進政策により、州内のIT関連産業が急速に伸長している。その一つの成果として、IIT(インド情報技術大学)の1校がハイデラバードにあり、IBM、オラクル、マイクロソフト、サティヤムなどは同大学内にIT校を設けており、産学共同での取組みが進んでいる。


市内観光

 市内を観て回ったが、如何せん時間が足りなかった。
 正味1日しか使えなかったので、あまり観れなかった。

クトゥブ・シャーヒー廟
e0074199_4154912.jpg 市の西部、後述のゴールコンダ城のすぐ近くにある墓群。クトゥブ・シャーヒー王朝の8人の
王のうち7人がこの地に埋葬されている。 このクトゥブ・シャーヒー王朝は、ムガル帝国と激しい戦いを行うが、結局ムガル第6代皇帝アウグランゼーブは、この地の武力制圧を諦め、降伏させる方策を採った。
e0074199_4161527.jpg クトゥブ・シャーヒー王朝とムガル帝国は双方ともイスラム教を信仰する国家。但し、前者はイスラム神秘主義、後者は純正イスラム教(現在のスンニ派)だ。イスラム神秘主義は、インドのイスラム教の大きな特徴の一つで、イスラム教本来の聖典『コーラン』には存在しない概念だ。元々のイスラム教ほど戒律が厳しくなく、神の存在も比較的絶対的でない。この柔軟性が、インドにおけるヒンドゥー教からイスラム神秘主義への改宗を大きく後押ししたと言われている。
e0074199_4275218.jpg この神秘主義を信仰したクトゥブ・シャーヒー王朝の建築物には、純イスラム建築(タージ・マハルなど)とは若干異なる点が存在する。例えば、棺の形も純イスラム建築と比して非常に簡素な作りで何段にも箱を積み上げた形になっている。


ゴールコンダ城
e0074199_4303987.jpg 13世紀に建設され始めて以降、最後はムガル帝国の侵攻をも何度も防いだ堅城。
 ムガル皇帝アウグランゼーブは、この城の攻略に実に8ヶ月も要したと言われ、結局独力での攻略を諦め、敵軍の裏切りをきっかけに落城させた。
e0074199_430250.jpg 高さ120mの花崗岩質の丘の上に建設されており、巨岩と人口の城壁を組合せ、また隘路を螺旋状に施した、防衛に適した構造をしている。城壁は全長11kmに亘って城郭を囲んでおり、城郭内部から再奥の城壁の様子が見え、物音が聞こえるような構造になっている。
e0074199_4382985.jpg 各城門には、象による城門破壊を防ぐトゲ状の突起が施され、天井部には穴が空いていて、ここから敵兵に煮えたぎる油を垂らしたという。
e0074199_431352.jpg また、長期戦に備えての各種設備も充実していた。
 兵士・住民の居住設備は勿論、水道設備も整備され、今でも水道管の通っていた跡を確認することが出来る。
e0074199_4362197.jpg また、城壁内部の兵士駐屯場所には、こんなものも。兵士たちの力比べに使われたものだという。






e0074199_4501314.jpg 巨岩の上で、しばし瞑想(?)。





チャールミナール
e0074199_4462457.jpg Char(=4つ)+Minar(=尖塔)の名が示す通り、周囲を塔が囲む構造になっている建築物。Hyderabad中心部にあり、市のランドマークになっている。1591年、大流行した疫病の終息を祈願して作られた建物で、建物内部にあるモスクは、今だイスラム教徒礼拝場所となっている。
 ・・・時間が無くて、建物内部に入れなかった、残念。




 1日使って、ハイデラバード郊外のダム湖を観に行った。

ナガルジュナ・サーガールとナガルジュナ・コンダ 
e0074199_4504212.jpg ナガルジュナ・サーガールは、ハイデラバードの南東約150kmに位置する人造湖で、インド最大規模のもの。約50年前、灌漑・発電のために建設されたダムによって生まれたこの人造湖の中に浮かぶ島がナガルジュナ・コンダだ。この島にある博物館には、ダム工事の際に発掘された仏教史跡の遺構が保存されている。この地はインド大乗仏教を大成した哲学者ナガルジュナが活動した場所であり、彼の名がそのまま地名となった。
e0074199_4522839.jpg 島へ行くには、2つの交通手段が・・・どちらにするか考えるまでも無く、船で。
e0074199_510362.jpg ん?? なんか浮かんでる!?
e0074199_454127.jpg ・・・と思ったら、やけに老け込んだ一寸法師が。安~い手漕ぎ渡し舟らしい。
 何か、佐渡島のタライ舟に似てるな・・・。




違う住民・違う言葉
e0074199_4564498.jpg 今まで、北インドを中心に旅してたが、今回のハイデラバードは他の都市と全く違う印象を持った。まず、イスラム人が多い点。男性は白いイスラム服に白い帽子、女性は目以外を黒い布で覆った服装・・・何かアジアにいる気がしない。心なしか、街の雰囲気もヒッソリしている。
e0074199_503579.jpg
e0074199_555129.jpg そして、この地域では殆どヒンディー語が通じない・・・テルグ語圏なのだ。テルグ語は、南部インドの言語で、ヨーロッパ大陸の影響を受けて発達したアーリヤ族系のヒンディー語などとは、文字も発声も全く異なり、インド大陸先住民であるドラヴィダ族系の言語だ。町の人たちは、ヒンディー語も英語もカタコトだった。



 今度は、もうちょっと時間を取って、今度はIT企業街も観てみたいな。


オススメ度(100%個人主観)

  ★★☆☆☆ ・・・まだ全部を観てない気がするので。
by bharat | 2005-12-14 10:30 | インドぶらり旅