タグ:オリッサ ( 12 ) タグの人気記事
File No.005 ジャガンナートの御堂
e0074199_15313068.jpg


 いい加減クドいが、これまたジャガンナート神グッズ。

 御堂に入っており、扉を開けると・・・ジャジャ~ン!!
e0074199_1536351.jpg


 ・・・ってまぁ、これだけなんですが・・・。
by bharat | 2007-01-06 10:30 | インドのいやげもの
File No.004 ジャガンナート3兄弟像(小)
e0074199_1516166.jpg


 これまたジャガンナート。
 オリッサ州プリーで購入。

 手のひらに乗るくらい小さいのだが、色付けがとても丁寧で、値段もちょっと高い(500ルピーくらいだったと思う)。この木目細かさは、なかなかインドには無いと驚いた。

 この手の土産物は、結構出来栄えに違いがある。
 店主は、ジャガンナートグッズをあれやこれや薦めてくるのだが、こちらにもコダワリというものがある。
 店の前に、同じ商品をドバーっと広げて貰って、町行く地元民がガヤガヤ集まる中、じっくり吟味して買った。 

 評点は、秀逸な色付けをしている点が「インドっぽさ」の減点対象に、一方で「希少価値」は高いと判断した。
by bharat | 2007-01-05 10:30 | インドのいやげもの
File No.003 ジャガンナート3兄弟像(中)
e0074199_1555078.jpg


 これまた、オリッサ州の地母神ジャガンナートの像。
 彼の聖地プリーで購入した。
 File No.2の像のついでに買ってしまった感じ。
 さして特徴は無い。




by bharat | 2007-01-04 10:30 | インドのいやげもの
File No.002 ジャガンナート3兄弟像(大)
e0074199_14543641.jpg


 オリッサ州プリーを旅したときに、露店で購入したもの。
 結構値が張ったが、一目ぼれで買ってしまった。
 ムチャクチャかさばる上に、木製なのでとても重たい・・・。

 帰路、空港のX線検査で、検査官に「見せろ」を言われ、開梱したら、大爆笑された。
 インド人でも、こんなデカいのは買わないと。




by bharat | 2007-01-03 10:30 | インドのいやげもの
File No.001 ジャガンナート絵画
 2005年11月にデリー市内で開催された、IITFなる博覧会で入手した一品。

e0074199_15143198.jpg


 幅は両手いっぱいにひろげたくらいで、かなり大きめ。
 絵は、布の上に描いてあり、それを額に収めたもの。
 IITFのオリッサ州の館で入手した。

 詳細は、以前書いたIITFの記事を見ていただきたいが、彼らは兎に角インドの神様の中で異彩を放っている。
 なんといっても、この風貌だ。先頃、日本を訪れた際に、キャラもののメッカである原宿キディランドに行ったが、この中に鎮座していても可笑しくない。
 こげぱん、アフロ犬、リラックマ、あおくび大根と並べて陳列ほしいな。
e0074199_1661545.jpge0074199_1662664.jpge0074199_166378.jpge0074199_1912230.jpge0074199_1671020.jpg

by bharat | 2007-01-02 10:30 | インドのいやげもの
第46回旅行は、未開の仏跡 ラトナギリ、ウダヤギリ、ラリトギリ
e0074199_1343651.jpg ブバネシュワルの北東約100km、カタックの郊外の丘陵地帯に仏教遺跡が広がっている。


旧都カタック
e0074199_1475293.jpg ブバネシュワルの旅行記でも触れたが、カタックは、元々ブバネシュワルの双子都市というべき構造で、長らくこの地域一帯の首都、オリッサ州都として栄えていた。
 周囲を2本の川とベンガル湾に囲まれ水も豊富、ピーナツや他の穀物を大量に産していた。
 紀元前1~2世紀にカリンガ国がアショーカ王率いるマウリヤ王朝に撃退されていた時期、この一帯は仏教信仰がメインだった。その後、ジャイナ教にとって代わられる(ウダヤギリ・カンダギリ石窟にジャイナ教の隆盛を見ることが出来る)が、カタック一帯には細々と仏教信仰が続いていたものと推測される。
 1~12世紀という長きに亘り、仏教大学などの施設があったらしい。

 カタック郊外に点在する、このラトナギリ・ウダヤギリ・ラリトギリの3つの仏教遺跡も、その一部だ。1958年から本格発掘が始まり、今だ作業途上である。


ラトナギリ(Ratnagiri)遺跡
e0074199_14142851.jpg
e0074199_15332234.jpg 現地語で「宝石の丘」を意味するこの遺跡からは、4~5世紀に造られた仏像が数多く発掘されている。
 僧院跡も多数見られ、当時ここに仏教大学があったことを示している。
 規模から推定して、当時約10,000人の仏教僧たちがここで学習していたと言われる。
e0074199_14211511.jpg 遺跡の入口には、立派な彫刻を施した緑色の門。
e0074199_14231186.jpg 敷地内には、安置(というか仮置きに近いが)された仏陀坐像や・・・
e0074199_1424366.jpg 周辺彫刻の一部が放置されている。
e0074199_15273286.jpg 今でも、屋根しか見えていないような、埋没した遺跡が沢山あり、地道な発掘作業が進められている。
e0074199_152914.jpg 遺跡の敷地のすぐ外側には、真新しいヒンドゥー寺院が威圧するように建っている。
 遺跡の発掘作業が始まった直後に、地元のヒンドゥー教徒たちが急遽この寺院を建てたのだという。
 仏教徒を威嚇するように建てられたこの寺院・・・ヒンドゥー教徒が約9割という地域特性からすると無理も無いか。


ウダヤギリ(Udayagiri)遺跡
e0074199_15431180.jpg 続いては、ウダヤギリ遺跡。
 入口は御覧の通り・・・現地ガイド随行でなければまず分からないな・・・。
e0074199_15444451.jpg
e0074199_1546610.jpg 広い敷地のほぼ中央にストゥーパ(仏塔)が配されており、その周辺に僧院などがある。
 煉瓦で出来たこれらの建物は、6~7世紀くらいに建てられたものだという。
e0074199_1548287.jpge0074199_15515181.jpg ストゥーパの四方に凹みがあり、夫々仏像が安置されている。
 指を5つとも開いたムドゥラ(手の形)は、他ではあまり見ない気がするが・・・。
e0074199_1550322.jpg 周辺の建物は長方形で、最奥に仏陀像を配する様式をとっている。
e0074199_15545371.jpg



ラリトギリ(Lalitgiri)遺跡
e0074199_1653940.jpg 3箇所目は、ラリトギリ。
 3ついの遺跡の中では群を抜いて古く、1世紀頃のものだと言われている。
e0074199_1671774.jpg アップダウンの激しい敷地内に、ヴィハーラ(僧院)やチャイティヤ(塔院)が並ぶ。
e0074199_1691861.jpg 敷地のはずれには、長い階段があり、これを登ると・・・
e0074199_1694910.jpg
e0074199_16134355.jpg 巨大なストゥーパが出現。
 煉瓦が剥き出しになっているが、当時は漆喰で表面仕上げされていたに違いない。
 一段と標高の高いこの丘からは、辺りを一望出来る。
e0074199_16151170.jpg 発掘現場では、女性が数多く見られ、
e0074199_16154680.jpg 遺跡周辺の集落では、子供たちが仏陀石像を手彫りしていた・・・土産物かな?



周辺施設
e0074199_1321826.jpg ラトナギリ遺跡の入口付近に、これら3つの仏跡の発掘物を展示している博物館がある。
e0074199_1324022.jpg 展示方法もバラバラで、係員のレベルも低いが、各遺跡の発掘作業が進んで大量の発掘物が出てくれば、巨大な博物館を構えてこれらを体系建てて陳列するようになるだろう。
e0074199_1332441.jpg


e0074199_16131250.jpgまた、この博物館の向かい側では、宿泊施設を建築していた。
政府系建設会社が工事しているちいうのだが、政府役人用の施設か、あるいは一般に開放されるのだろうか・・・。



オススメ度(100%個人主観)

    ★★★★★ ・・・ 保存状態こそ良くないが、いずれインド最大級の仏跡になるかも!?

所要観光時間

    3~4時間
by bharat | 2006-02-27 10:30 | インドぶらり旅
第45回旅行は、ウダヤギリ石窟・カンダギリ石窟
 ブバネシュワルの西のはずれに、石窟群が道を挟んで向かい合っている。

ウダヤギリ(Udayagiri)石窟
 紀元前2世紀頃、ここ一帯はカリンガ国の領国だった。
 その首都は、ダウリから約10kmにあるシシュパールガルというところにあり、支配領域は南インドにまで及んだ。
 最終的には、マウリヤ王朝のアショーカ王との大激闘に敗れ、衰退した。

 そのカリンガ国の王カラバルが篤く信仰したのがジャイナ教。
 ここウダヤギリには、ジャイナ教徒たちが瞑想するために掘った石窟寺院群が残っている。
 その殆どは、紀元前2~1世紀に建てられた。
e0074199_4113433.jpg
e0074199_425825.jpg 全部で18個の石窟があるが、完成度の高い石窟は数えるほど。
 これは、第1窟。
 Queen's Cave(王妃の石窟)を呼ばれるこの石窟は、2階構造。
 各部屋の入口はアーチ状になっており、壁面には当時の戦い、踊り、祈りの様子が彫刻されている。
e0074199_514541.jpg 山を奥方に登って行くと、また立派な石窟が出てくる。
 両脇に大きな象の石像を配したこの石窟は、第10窟Ganesh Cave(ガネーシャ石窟)。
 金網の向こう側には、ガネーシャ像が祀られている。
e0074199_5245444.jpg 第10窟から奥へ進み、奇妙な形の第12窟へ。
 これは、Tiger Cave(虎の石窟)。
 虎の口が部屋の入口になっているというポップな造りだが・・・耳は取れちゃったのだろうか。
 虎の雄雄しさは感じられず、ちょっと間の抜けた印象だ。

e0074199_649820.jpg 紀元前の建立だというこの石窟群だが、排水路が至る所に掘られていて、カリンガ国が高い技術水準にあったことを示している。


カンダギリ(Khandagiri)石窟
 道を挟んだ丘に建つのは、カンダギリ石窟群。
e0074199_5374535.jpg
e0074199_6252518.jpg 丘の頂上に寺院が見え、その中腹に石窟が並んでいる。
 夫々の建立時期はバラバラで、このジャイナ教寺院は19世紀に建てられた。
e0074199_6272514.jpg 本堂内には、大理石の祖師の像が安置されている。
e0074199_6354496.jpg 丘の中腹の一辺には、保存状態の良い第2窟。
 彫刻がウダヤギリの石窟に酷似しており、紀元前1世紀頃の建立と言われている。
e0074199_646840.jpg 反対側の中腹には、壁面の高いところにジャイナ教の祖師を掘り込んだ跡が残っている。
 これは、石窟というより壁面彫刻といった感じで、中世(11~15世紀)に掘られたもの。


e0074199_6532472.jpg ウダヤギリ石窟群に入れるべきか分らないが、ふもとにはジャガンナート神を祀るヒンドゥー教寺院がある。
e0074199_6561430.jpg 入口には、ポップなライオン像。
e0074199_655735.jpg ・・・坊さん、爆睡してます・・・。



オススメ度(100%個人主観)

     ★★★☆☆ ・・・ 2世紀と19世紀のジャイナ教施設が並んでいるのが不思議

所要観光時間

     2時間
by bharat | 2006-02-26 10:30 | インドぶらり旅
第44回旅行は、ジャガンナートの棲家プリー
e0074199_15163890.jpg オリッサの州都ブバネシュワルから車で小1時間、ベンガル湾沿いの小さな町プリー(Puri、プーリとも)に到着する。



ジャーイ・ジャガンナート!!
e0074199_1565442.jpg ヒンドゥー教の神様の中で、一際異彩を放つジャガンナート神
 クリシュナ神の化身の1つとされているが、オリッサ州の自然信仰によって生まれた独特の神だ(彼は元々、木の神様というステータスだった)。
 そのジャガンナート神を祀る寺院が、ここプリーにある。


 ここプリーは、ヒンドゥー教徒たちにとっての聖地であり、プリー(オリッサ州)・ドゥワルカー(グジャラート州)・バドリナート(ウッタランチャル州)・ラーメシュワラム(タミルナドゥ州)を「4大聖地」と呼んでいる。
 街行く人々・土産屋の人々は、合言葉のように「ジャーイ・ジャガンナート!(ジャガンナート様、万歳!)」と唱え、のどかな海辺の村と狂信的なヒンドゥー色とが混じり合った、不思議な印象の町だ。
e0074199_1572186.jpg 毎年3月には、ラート・ヤートラ(Rath Yatra、Car Festival、山車祭)が行われ、ジャガンナート・スバドゥラ・バルバドゥラ3兄弟を夫々山車に乗せて、街道をゴロゴロ転がすのだという。
 この写真は私が直接撮ったものではないが、凄い人出である・・・直接参加したい気もするが、モミクチャにされること間違い無い。
e0074199_1516217.jpg 因みに、私が行ったときに撮った町並みはこちら。



異教徒禁制の寺院を拝むには・・・
 ここにある、ジャガンナート寺院は、異教徒禁制。
 中に入るのはおろか、周囲は壁に囲まれており、寺院の外観すら良く見えない。

 せめて外観だけ、ということなら、この寺院の向かいにある図書館の屋上から観ることが出来るのだ。

 図書館の管理人も手馴れたもので、拝観料(本人は御布施と言っていたが)を徴収してくる。

e0074199_1518547.jpg 3~4階建の建物を登っていくと、最上階には大量のヨーロッパ人が。
 皆、ヒンドゥー教徒らしく、似合わないインド服をまとっていた。


 屋上に出て、寺院の方向に目を転じると・・・
e0074199_5405730.jpg
 立派な寺院構造の全貌を見ることが出来る。
 1198年に建立されたこの寺院群は、最奥部に高さ58mの屋根のある本堂を配し、頭頂部にはヴィシュヌ派寺院の象徴のチャクラ(法輪)が。
 少々ややこしいが、ジャガンナート神はクリシュナ神の化身。クリシュナ神はヴィシュヌ神の化身。つまりジャガンナート神は、ヴシュヌ神の化身の化身というわけだ。


寺院周辺の様子
e0074199_15335321.jpg 寺院の前には、1本の柱。
 これは、コナーラクの太陽寺院から運んできたもので、戦勝記念に持ってきたのだという。


e0074199_15284248.jpg
 大通り沿いの土産屋は、まさにジャガンナート一色。
 置物やら壁掛けやらキーホルダーやらが、処狭しと陳列されている。


e0074199_15303293.jpg
 オートリクシャーのフロントにも、ジャガンナートのドングリまなこが。
 「おぉ・・・信心深いですね」ではなく、「おぉ・・・コミカルでカワイイですね」と言いたくなるのは、私だけだろうか・・・?


オススメ度(100%個人主観)

    ★★★★☆ ・・・ このコミカルな神様に本気で没頭するヒンドゥー教徒たち(インドの神秘)

所要観光時間

    1.5時間
by bharat | 2006-02-25 10:29 | インドぶらり旅
第43回旅行は、手工芸品の村ピプリ
 ブバネシュワルコナーラクプリーの中間にある小さな村ピプリ(Pipli)。

物産店と土産物
e0074199_7104534.jpg この小さな集落には、クッションカバー、敷物、タペストリー、籐の編み物の販売する小さな店が立ち並ぶ。
e0074199_7113170.jpg 店で売っていたもの。
 プリーのジャガンナート神をモチーフにしたタペストリーと・・・
e0074199_7133298.jpg コナーラクの太陽寺院の車輪をモチーフにしたタペストリー。



オススメ度(100%個人主観)

   ★★★☆☆ ・・・ ここなら、プリー・コナーラク両観光都市の土産を一緒に買える

所要観光時間

   30分
by bharat | 2006-02-24 10:30 | インドぶらり旅
第42回旅行は、世界遺産の太陽寺院(コナーラク)
 ブバネシュワルから南東に約70km。
 世界遺産の太陽寺院のあるコナーラクに到着。

太陽寺院(Surya Temple)
e0074199_581024.jpg
e0074199_524344.jpge0074199_525564.jpg 13世紀に建てられたこの壮大な寺院(1,200人が16年かけて作られた)。
 ときの王朝東ガンガ朝のナラシンハデーヴァ1世がイスラム勢力への勝利を機に建てたといわれる。
 文字通り、太陽神スーリヤを祀るこの寺院は、元々はもっと大規模な構造物だった。
 前面にはダンスホールを配し、その後ろには7頭の馬に挽かれた24つの車輪の馬車を模した寺院という構造。その寺院も、今残る高さ38mの屋根のあるオーディエンスホール(集会所)のさらに後部には倍近くの屋根をもつ本堂があったという。17世紀、海賊の巣窟と化していた(当時は、この寺院のすぐ近くに海岸線があった)この寺院の本堂が崩落した。今でも、残る建造物は不安定で、補強建築が施されている。


ダンスホール
e0074199_5373936.jpg 5mの台座の上に建てられたダンスホール。
 ちょうどこの高さが海抜0m・・・日の出/日の入の際には陽光が真横からこのホールに差し込むのだそうだ。
e0074199_538073.jpg


集会所
e0074199_5531956.jpg この建物は、下の方の保存状態が良い。
 車輪とその周囲には、細かい彫刻が綺麗に残っている。
e0074199_5534387.jpg 車輪は、女性の生活を示しており、8本のスポークが3時間ずつ仕切っている。
 女性の艶かしい曲線美は、カジュラホの彫刻に似ている。



スーリヤナラヤン寺院
e0074199_6414283.jpg 敷地内、最奥に位置するこの寺院。
 煉瓦製の建物は9世紀頃の建立とされている。


マヤデヴィ寺院
e0074199_6432861.jpg ナラシンハデーヴァ1世の父親が、建てたものと言われる。



オススメ度(100%個人主観)

     ★★★★☆

観光所要時間

     2時間
by bharat | 2006-02-23 10:30 | インドぶらり旅