タグ:ジャンムー・カシミール ( 5 ) タグの人気記事
第99回旅行は、文字の無い村ビマ(ベマ)
 レーから北西に進み、ビマ(ベマ)(Bema)というとても小さな集落に到着する。

実質的インド最北端の村
e0074199_17225964.jpg もう1つ丘を越えれば、パキスタンとの停戦協定ラインというところに位置するこの村。
 村落の殆どは山の上にあり、店が数軒並ぶ小さなマーケットだけが平地の幹線道路沿いにある。
 幹線道路を更に小1時間行くと、インド陸軍の基地があるらしい。


e0074199_17383082.jpg 因みに、このあたりでは、電話の電波が全く来ていない。
 唯一の通信手段は、軍事基地に申請を上げて許可を貰い、衛星通信を使って電話をすること。

 この子供も、このオモチャが何なのか、分かっていないに違いない。



ナゾの民族ブロクパ
e0074199_17291350.jpg ここに住む民族は、未だにナゾに包まれている。

 民族の名は、ブロクパ(Brokpa)。
 ラダック系ではなく、アフガニスタン地域から来たと推測されている。
e0074199_17311528.jpg この民族の特徴として、まず挙げられるのは文字が無いということ。
 コミュニケーション手段が口頭伝承しかない。

 従い、上述した「Brokpa」も、村民に聞いたものを英語表記したに過ぎない。
e0074199_17333657.jpg 文化。風俗面でも特筆すべき点が多い。
 異民族との交配を原則的にしないので、殆どが近親交配になっており、出生率の低さ・奇形児が多いことが問題視されている。
 入浴の文化は無く、草で体をこすって垢を落とす。

 男女問わず、頭に花を付ける。



 殆どの村民が居住する山の上に行って見た。
 部落長の家に御邪魔する。
e0074199_17402635.jpg
e0074199_1741726.jpg 家は2階建。
 2階部分にストーブがあり、ここが居間兼キッチン兼寝室になっている。
e0074199_1742867.jpg 1階部分は、家畜、飼料、食料や農耕具の保管スペースになっている。
 その一角に、このような石が埋まっていた。
 彼らはこれを守護石と呼んでおり、このあたりには仏教とはまた違う、原始的な自然信仰が未だ信じられていることが分かる。



 その晩、彼らが山から下りてきて、民族舞踊を披露してくれた。
e0074199_17453489.jpg
e0074199_17455551.jpg
e0074199_17462814.jpg


 この踊りというのが、この上なくグダグダなのだ。
 男性3名、女性3名の6名で行われたこの舞踊。
 まず、マスターしているのが先頭の部落長のオジイチャンだけ。
 彼が歌って踊るのを、時間差で他の5人が真似るといった感じで、踊りは進む。
 歌のペースは一定ではなく、歌の切れ間で突然手に持った布をクルクル回す。
 6名の舞踊団は、エンドレスにキャンプファイアーの周りをゆっくり回り、オジイチャンが方向転換すると、後続が方向転換に間に合わずぶつかる。

 ・・・この伝統舞踊、オジイチャンの代で終焉を迎えるのでなかろうか・・・?


オススメ度(100%個人主観)

    ★★★★☆ ・・・ 文化の多様性を実感

所要観光時間

    2時間
by bharat | 2007-06-10 10:30 | インドぶらり旅
第98回旅行はラダック西部 ラマユル・アルチ
 今回は、ラダック地方の中心都市レーから西に向かった。
 
 途中、カールシー(Khalsi)という場所に入るところで、車両のチェックポイントがある。
 ここで全旅客のパスポートおよび通行許可証(事前に入手しておかねばならない、今回はホテルが事前準備してくれた)を提示し、通行許可を貰う。
 このチェックポイント通過後、道は北西と南西の二手に向かう。
 まずは、カールシー市街を目指す。


みんなここで一息つく カールシー市街
e0074199_12593696.jpg カールシー市街に向かう道中、「Magnetic Hill」なる看板があった。
 強い磁力によって、上り坂なのに車がスルスル重力に反して動いていくというのだ。
 磁力というより、坂に対する目の錯覚だと思うのだが。


 この一帯を流れる2つの大きな川、インダス(Indus)川とサンスカール(Zanskar)川。
 この2川の合流点(サンガム)に差し掛かる。
 インダス川の緑がサンスカール川に吸収されていく様にしばし見とれていた。
e0074199_1313269.jpg


e0074199_13163573.jpg 途中、道行く車は我々のジープとシュールなライオントラックだけ。
 山合いにぶらさがるように作られた道路をウネウネと上り下りする。
e0074199_13181874.jpg 山間の僅かな平面を見つけては集落を作ったようで、山の切れ間に緑色をした集落が点在する。


e0074199_13215364.jpg チェックポイントがあるカールシーは、軍事上重要な場所にあたるようで、軍用トラックとすれ違うことが多い。
e0074199_13254293.jpg 隘路では、何十台という軍用トラックが縦列を作っていた。



e0074199_13273567.jpg レーから車を飛ばすこと約3時間、漸くカールシー市街に到着。


e0074199_13284562.jpg 駐車場の目の前にあった、何気なく選んだこの「モーニングスター・レストラン」。
 ここがアタリで、チベット料理が実に美味かった。
 トゥクパ(汁そば)、マトンライスはともに絶品☆
e0074199_13294133.jpge0074199_13295442.jpg



ラマユル(Lamayuru)
 カールシーを更に西進。
 集落も無くなり、周りは何やら不思議な地形になってくる。
 その名も、ムーンレット・マウンテン。
 月面のような景色というわけだ。
e0074199_14491487.jpg
e0074199_14492499.jpg

e0074199_14494498.jpg 丘の向こうから、いつC3POとR2D2が歩いてきてもおかしくない。



 1時間半後、ラマユル・ゴンパ(Ramayuru Gompa)に到着。
e0074199_1555291.jpg
e0074199_15948.jpg 11世紀に建立られたと言われるこの僧院群は、ラダック地方で最も古い建物の1つだ。
 伝説では、この僧院のふもとにあった湖で仏陀が滞留したという。
e0074199_15104792.jpg 集会場(Assembly Hall)には仏陀などの像が安置されているほか、11世紀にインドの仏教僧ナローパ(Mahasiddhacharya Naropa)が苦行した石窟跡も見られる。

e0074199_15143589.jpg 壁画は15世紀のものが殆どで、仏陀が色々な姿で描かれている。


 このゴンパには約150人の修行僧たちが住んでおり、直接仏事に従事していない人達もこの地域に居住している。
 マニ車と呼ばれる仏具(クルクル回すだけで、読経したのと同じ功徳を得られる、チベット仏教界の便利グッズ)を手に持ち、徘徊しながら談笑する老人たち。
 あくせくと洗濯の準備をする女の子。
 地元民も生活が僧院と一緒にある・・・現代社会のカット&ペーストの社会構造には見られない風景だ。
e0074199_1640056.jpg
e0074199_1601779.jpg
e0074199_1602943.jpg



e0074199_1641248.jpg 去り際、車をBダッシュで追いかけてくるオバチャン。
 出稼ぎに行った息子がくれた腕時計の時間を正しくセットしてくれと言う。
 いろいろ頑張ってみたのだが、時間調整ボタンが壊れていて、何も出来なかったので、オバチャンに事情を言ってそのまま返した。
 ・・・オバチャンは、残念そうに時計を受取ると、すぐに笑顔に戻って、手を振ってバイバイしてくれた。



アルチ(Alchi)
e0074199_16402630.jpg
e0074199_16265544.jpg このゴンパもまた古い。
 10世紀頃の建立と言われている。
e0074199_1629459.jpge0074199_16291920.jpg アルチ・ゴンパの特徴は3つ。

① 他のゴンパと異なり、平地に建っている
② 柱などの木造彫刻が立派
③ 粘土で出来た仏像に嫌いな色付けが施してある
 内部には、スマステク(Sumastek)寺院、太陽神(Verocana)寺院、ロツサ(Lotsa)寺院、マンジュシュリ(Manjshri)寺院があり、壁画・仏像を見ることが出来る(殆どの場所で写真禁止)。


e0074199_1638121.jpg 寺院の近くの骨董品屋は、なかなか充実している。
 観光シーズン前ということで、値段も手頃だった。

e0074199_16393369.jpg
駐車場の車。
 地元のアイドルなのだろうか・・・?




オススメ度(100%個人主観)

    ★★★★★

所要観光時間

    3時間 (車での移動時間を除く)
by bharat | 2007-06-09 10:30 | インドぶらり旅
第97回旅行は、ラダック東部 ティクセ・ヘミス
 レーから進路を南東に採る。
 幹線道路は、どこまで行っても舗装されている。
 軍事目的なのだろう。

シェイ王宮(Shey Palace)
e0074199_16335558.jpg
e0074199_15434077.jpg レーから南東に15km行ったところにある。
 1655年に建てられた、2階建ての建物。
 僧院として機能しているが、一時期ラダックの王が夏季の都を置いたので、未だに王宮の名で呼ばれる。


ティクセ・ゴンパ(Thikse Gompa)
e0074199_16324968.jpg
e0074199_15551931.jpg シェイ王宮から更に数km南東に進むと見えてくる巨大な僧院。
 1430年の建立。
 多数の仏教僧たちが居住しており、
e0074199_1602911.jpg 大きな学校施設もある。
 読経やチベット語の授業のほか、英語やパソコンの授業も行っていた。
 写真は、チベット語-中国語の辞書。



 この僧院の見どころはなんといってもAssembly Hall(集会場)。
 巨大でカラフルなマイトレーヤブッダ(弥勒菩薩)像が安置されている。
e0074199_1641578.jpg
e0074199_167547.jpg デカいので、2階建ての吹抜部分にデーンと鎮座している。
 冠には、5つの神が描かれている・・・中心に太陽神、両脇に東西南北の神。
e0074199_19284750.jpg 意外と知られていないが、弥勒菩薩はロン毛であった。
e0074199_19282421.jpg 壁には、ブータンのパロでも見かけたような仏教の六道を示す絵が描かれている。
 六道とは、ヒトが輪廻する6つの世界・・・天・人・餓鬼・畜生・地獄・阿修羅のこと。絵の中では、円が全ての世界を現し、これを死神が司っている(審判している)。
 円の一番中心には、3つの欲望を象徴する動物(鳥・蛇・猪)、その周りに天と地獄、その周りの6分割された大きな枠には、六道が描かれ、一番外側に人間の生の営み全体が描かれている。
 ここの絵には、5つしか世界が描かれていないが、これは恐らく大乗仏教期になって描かれるようになった阿修羅界が入っていないので5つになっているのだと思う。

e0074199_19364324.jpg

 集会場の隣の御堂には、無数の仏像が安置されている。

e0074199_19384676.jpg ゴンカン(Gonkhang)と呼ばれる場所には、畜生道の様子が壁一面に描かれている。
 


ヘミス・ゴンパ(Hemis Gompa)
e0074199_16331895.jpg
 ティクセから更に南東に25km余り。
 このヘミスゴンパは1630年に建立されたものだ。
 インドの賢者パドマサンバワ(Padma Sanbhawa)を祀った御堂などがある。e0074199_2121383.jpge0074199_21211864.jpg
e0074199_21221870.jpge0074199_21223248.jpg


e0074199_21234867.jpg ここの屋外カフェテリアで食べたテュクパ(チベット料理、汁そば)。
 薄味かつベジタリアン仕様だったので、あまり美味しくなかった・・・。

e0074199_2125816.jpg この日は、州政府の防衛大臣が現地を視察するというので、軍人(警官?)がそこかしこに居た。
 別に何をするわけではないのだが、何となく落着かなかった。



ストク・ゴンパ(Stok Gompa)
e0074199_2130428.jpg
e0074199_21311133.jpg 14世紀に建てられた。
 前述のシェイ王宮同様、ラダック王の居城となった時期もあったことから、ストク王宮(Stok Palace)と呼ばれることもある。
 建物の壁に掛けられた動物の頭蓋から、自然崇拝の要素もあったことを覗わせる。
 写真撮影禁止だったが、7世紀にまで遡るタンカ(仏教絵画)のコレクションを見ることが出来る。



オススメ度(100%個人主観)

    ★★★★☆ ・・・ 建物群自体が生活ユニットになっていて興味深い

所要観光時間

    5時間(移動時間抜き)
by bharat | 2007-06-08 10:30 | インドぶらり旅
Hotel (15) Omasila Hotel Leh
e0074199_1685847.jpg


<名称>
 オマシラ・ホテル Omasila Hotel

<住所>
 Leh-Ladakh, Jammu & Kashmir, 194101 INDIA
 (番地がなくても手紙が届くらしい)

<電話番号>
 +91-1982-252119 

<宿泊料金>
 Rs2,000 - Rs3,000-(6,000-8,000円) / 日

<特徴>
e0074199_16151191.jpg 北インド、ジャンムー・カシミール州のレーにあるホテル。
 同地域では最も信頼できるホテルの一つだと評判。
e0074199_1616452.jpg 部屋は綺麗で、バスルームも最低限の機能は果たしている。
 後日聞いたのだが、この一帯で上下水道完備、十分な御湯が出るホテルは少ないのだと言う・・・その点でこのホテルは合格。


e0074199_16204247.jpg レストランで出るインド料理はどれも美味い。
 チベット料理が食べたくなったら、レー市街の地元レストランに行くしか無いみたいだ。


e0074199_1618771.jpg 数々のインド映画スターも泊まったことのある実績を持つ。
 ハリウッド俳優ブラッド・ピットも泊まったことがあるみたいだ・・・『7 years in tibet』のロケのときだろうか?


e0074199_16202261.jpgホテル自体が高台に立っており、天気が良いときには綺麗な山並みを一望出来る。

by bharat | 2007-06-07 10:30 | ホテル情報
第96回旅行 ドラクエの世界 レー
 ここからは4回は、初のジャンムー・カシミール州。
 今回は、ラダック地方の空の玄関口であるレー(Leh)。

小チベット ラダック
 レーがあるのは、インド最北端の州ジャンムー・カシミール(Jammu & Kashmir)。
 南西部のジャンムー地方、北西部のカシミール地方と、東部のラダック(Ladakh)地方から構成されている。
 西部の殆どをパキスタンと、北部・東部の殆どを中国チベット自治区と接している。
 またインド独立期、ときの藩王がヒンドゥー教徒、住民の殆どがイスラム教徒だったという複雑な宗教分布により、20世紀の後半は紛争によって非常に不幸な運命を辿った地域だ。

 映画のロケ地あるいは観光地としてのイメージは一気に崩れ、長らく寂れていたが、1974年以降旅行者の入域が殆どの場所で許可されたからは、再び観光業が復興してきた。

 特に、州東部のラダック地方は、チベットに類似した仏教文化を色濃く残しており、雪の降らない夏季になると道路・空路が開放され、一気に観光客が雪崩れ込んでくる。
 空港は、ラダック地方のレーというところで、デリー⇔レー便はRs.20,000-(概算、往復)という高さながら、早めに予約しないと取れないプレミアチケットになっている。

 今回、4日間の日程でラダック地方を周遊した。


高山病に御注意!
 デリーから僅か1時間半のフライトだが、まず地域が地域だけにセキュリティが厳しい。
 荷物をチェックインしてから、搭乗前に自分の荷物の目視確認を求められるのだ。
 手荷物チェック・身体チェックもとても厳重。

e0074199_20421567.jpg 離陸して程なく、飛行機の窓越しに、雪山が見えてくる。
 レーは、5,000~6,000m級の山々に囲まれた高地のような場所にある。
 低いように思えるが標高は3,500m、実に富士山9合目の高さと同じ標高である。

 3,500mというのは、人生史上最高高度だったのだが、別に即座に酸素の薄さを感じる訳ではない。
 但し、ツアーコンダクターからは、初日はゆっくり休息するようにと言われ、到着後すぐにホテルの部屋で仮眠を取った・・・なんでもこの休息がとても大事らしいのだ。


レー市街
e0074199_20515483.jpg レーの市街地はそんなに大きくないが、丁度良い大きさでとても落着く。
 ふと見上げると、19世紀までラダック王族が居住していたレー王宮が見える。
 今は、住居としては機能していない。
e0074199_2055599.jpg 突当りにモスク(ジャマ・マスジッド)がある商店街には、チベット料理屋や骨董品屋が並ぶ。
 ここで買った品々は、後日「いやげもの」コーナーで。
e0074199_14361181.jpg 店名は忘れてしまったが(ヒマラヤ・カフェ・・・だったかな)、ここで食べたチベット料理が美味かった。
 すいとんの入ったラーメンのような食べ物。
e0074199_14381142.jpg 道端の焼肉屋さん。
e0074199_14382211.jpg 塩・胡椒で味付けしたラム肉をタマネギと一緒に薄いパンにくるんで食べる。
 美味。


e0074199_14432557.jpg デリー在住の皆さん、これを見よ!
 なんと、GOLDEN DRAGONがレーにも進出していたのだ。
 字体が一緒だから、多分同じ系列と思われる。



仏教関連の観光スポット
 ラダック地方の住民の殆どは、チベット系仏教を信仰している。
 従い、彼らの心の拠り所となる仏教施設も多い。

スピトゥク・ゴンパ(Spituk Gompa)
e0074199_14563228.jpg
e0074199_14572199.jpg このゴンパ(僧院)は、11世紀にその原型が建造され、15世紀に増築され、今の規模になった。
 イスラム勢力から身を守るため、要塞色の強い造りになっている(非暴力を謳う仏教なのに)。
 本尊や脇の御堂には、数々の仏像が安置されている。
e0074199_1521234.jpg 興味深いのは、丘の裏手にある小さな社。
 ここに、死神像が無数に安置されていて、年に1度の祭りのとき以外は顔に布巾を被せているのだ。
 チベット仏教においては、死神は文字通り死を司る神聖なものとして、頻繁に登場する。


シャンティ・ストゥーパ(Shanti Stupa)
e0074199_15185434.jpg
e0074199_1521030.jpg 1983年に日本妙法寺によって建立された寺院および仏塔(ストゥーパ)。
 妙法寺についての詳しい説明は、ラージギル旅行記参照。
e0074199_15283037.jpg 真っ白のストゥーパの周囲には、降誕→降魔→転法輪→涅槃の4つの壁画が彫られており、仏陀の生涯のダイジェストが描かれている。
e0074199_15252016.jpge0074199_15253869.jpge0074199_15245031.jpge0074199_1525429.jpg



ナゾの祈祷師
e0074199_15355023.jpg レー郊外にある、サブー村(Saboo Village)。
 ここに著名な祈祷師(Oracle)がいるというので、訪問した。
e0074199_15383119.jpge0074199_15384454.jpg 一家団欒スタイルで生活しているらしく、かわいい女の子が我々一行を出迎えた。
 自宅らしき建物の奥には、本尊があり、祈祷師が毎日の御祈りを行っているところだった。


e0074199_1541563.jpge0074199_15411796.jpg
 別室でいよいよ祈祷を見せてもらうことに。
 なにやらまがまがしい衣裳に身を包んだ祈祷師(御年90歳弱)が、入ってきて祈祷を開始した。
 途中から地元のTVクルーも入ってきて、なにやら本当に有名な祈祷師らしい。
 10分くらい読経を行うと、皆の悩みを聞いて進ぜようと言う。
 我々一行から次々に質問を投げかける。

 我々① 「私は35歳既婚ですがまだ子供がいません。いつ授かるのでしょうか?」

 祈祷師 「今よりももっと深くお祈りを行いなさい。そうすれば授かるでしょう。」


 我々② 「私と子供の家族とは御互い海外におり離れ離れです。一緒になれますか?」

 祈祷師 「今よりももっと深くお祈りを行いなさい。そうすればなれるでしょう。」


 我々③ 「私は再婚出来るでしょうか?」

 祈祷師 「今よりももっと深くお祈りを行い、覚悟を決めなさい。そうすれば出来るでしょう。」



 ・・・これは・・・祈祷なのだろうか・・・??
 周囲の欧米人たちは、一様に眩しい表情で有難そうに祈祷師の言動に釘付けなのだが、私はあまり信心深く無い性分なので、「胡散臭い・・・」という表情でその場に居た。

 ・・・と、その表情を見透かされたのか、私にも何か悩みを打明けろと言ってきた。
 「ここのところ万事順調で、悩みなんか無い」と言うと、凄い質問が逆に飛んできた。

 祈祷師 「おまえは仏教徒だろう?」

 私 「・・・はい。」

 すると、祈祷師は、そうだろうそうだろうと言わんばかりに納得した表情を浮かべた。
 この風貌を見ればだいたい想像がつくと思うのだが・・・。

 胡散臭い・・・ぢゃなかった、奥が深いなチベット仏教は。

 訪問後に知ったのだが、この一帯も近代化・物質社会化が急速に進み、寺院と檀家との関係が昔ほど緊密ではなくなっているのだという。
 昔は、檀家は末っ子などを寺に入れ、祭事のたびに供物も進呈し、寺院がコミュニティに根付いていたのだが、今は各家庭では出稼ぎに出る人が多く、寺には入らないそうだ。




リアル「ドラクエ」
 サブー村から見えた景色がコレ。
e0074199_15532215.jpg
e0074199_15552249.jpg 平原、低い山、高い山、街、川がポツンポツンと点在するこの独特の風景。
 まさに、ドラクエの世界である。

 しかし、人間の文明社会を全否定しているようなこの景色。
 なかなか言葉では形容できない。



写真撮影時は注意が必要
e0074199_14465769.jpg
 この一帯は、インド空軍の基地が置かれている。
 写真撮影時には、注意が必要だ。



オススメ度(100%個人主観)

    ★★★★★

所要観光時間

    3~4時間 (市内だけなら結構すぐ観れる)
by bharat | 2007-06-06 10:30 | インドぶらり旅