タグ:ラージャスターン ( 12 ) タグの人気記事
宮殿列車の旅 ~ラージャスターン州周遊~

 Lonely Planetのガイドブックにも記載があるが、インド国内の鉄道の旅で最も充実しているものの1つに、「Palace on Wheels」というのがある。
e0074199_1541338.gif

e0074199_1552341.jpg 文字通り、宮殿のように豪華に内装を施した専用列車に揺られながら、マハラジャの地ラージャスターンを周遊するといういう企画旅行だ。
 7泊8日という拘束時間の長さ、およびその金額の高さ(1人約2700USドル)から、なかなか行く人もいないんぢゃないかなと思うが、さにあらず。
 毎年9月~翌年4月まで運行する同列車は、今年度は翌年3月まで予約満席の状態。

 インドで長期旅行が出来る今が好機と思い、同旅行に参加してきた。

 各周遊先については、第19回旅行記から詳細書いていこうと思うが、まずはこの企画旅行の性質について少し書いておこうと思う。


歴史

e0074199_1562386.jpg 現在、ラージャスターン観光協会(RTDC:Rajasthan Tourism Development Corporation)とインド国鉄(IR:Indian Railway)との素晴らしい共同企画として世界中でPRされているこの宮殿列車の旅だが、初めから順風満帆だった訳では無かったようだ。
 1980年代初めに、ラージャスターン州の一青年によって企画されたこのプロジェクトは、当初RTDCやIRからボロンケチョンにその実現困難性を指摘されたという。何とか車体をカスタマイズして、1982年から企画は開始されるが、知名度不足が祟って毎回大赤字の状態。確かに、1便ごとに何百という関係者(乗組員・各周遊地専用スタッフなど)の人件費、燃料費・光熱費、食費などが飛んでいく訳だから、かなりの実車率でないと元が取れない筈だ。
 加えて、企画側ではどうしようもない事情も多々発生。
 1点目は、ラージャスターンが慢性的に水が不足する地域なので、周遊先の名所が旱魃で無残な姿になっていたことが良くあったという。評判の低下を防止するのに苦労したという。
 2点目は、企画開始当初のダイヤ事情。今も日本と比べればまだまだだが、当時、インド国内鉄道のダイヤ順守状況は最悪で、長距離移動を繰り返すこの企画の列車が他の列車の通過待ちなどで思わぬ足止めを食うこともしばしばで、円滑な日程順守は非常に困難な状況だった。
 3点目。当時の鉄道のゲージ(線路幅)は4種類もあり、この宮殿列車の通るルートにはこの4種類全てのゲージがゴチャ混ぜになっていた。全行程を通して専用列車で移動するのがウリのこの企画にとってはこれは致命的だったようで、全行程を単一のゲージに揃える為に、IRとの粘り強い交渉が続いたという。
 4点目。一時的なものだったが、インディラ・ガンジーが暗殺された1984年前後は、北インドの治安が不安定になり、この企画に参加する希望者が激減した。中には、列車乗組員60~80名に対し、ツアー参加者2名という大赤字便もあったという。

 1990年代以降は、RTDCやIRも積極的にこの企画の振興に取組むようになり、現在では、欧米各国に出先旅行代理店を構え、多くの欧米中間富裕層を毎年呼込んでいる。

行程

 7泊8日でラージャスターンの主要観光名所およびアグラを周遊するのだが、合計走行距離は数千kmにも及ぶ。効率良く移動する為、宿泊はもっぱら列車の中。我々が寝ている間、列車は次の目的地へとひた走る。
 行程概要は、周遊順に以下の通り。
e0074199_18113581.gif

 第1日
 1600 デリー・カントンメント駅(デリー南部)にてチェックイン
 1830 列車出発
 1915 列車内にて夕食

 第2日
 0300 ジャイプール
 0800 列車内にて朝食
 0830 ジャイプール観光
 1300 同市内のホテルにて昼食
 1830 ジャイプール観光後、列車に戻る
 1930 列車出発、列車内にて夕食

 第3日
 0800 列車内にて朝食
 0930 ジャイサルメール
 1300 列車に戻り昼食、休息
 1600 サム砂丘をラクダで歩く、休息所で軽食、日の入り鑑賞
 1930 ホテルにて夕食
 2330 列車に戻る、列車出発

 第4日
 0700 ジョードプル
 0800 列車内にて朝食
 0900 ジョードプル観光
 1300 同市内のホテルにて昼食
 1445 ジョードプル観光後、列車に戻る
 1530 列車出発
 1915 列車内にて夕食

 第5日
 0400 サワイ・マドプール着
 0600 ランタンボール国立公園を観光
 1130 列車に戻り朝食、列車出発
 1300 列車内にて昼食
 1600 チットールガル着、同地観光
 1900 列車に戻る
 1915 列車内にて夕食

 第6日
 0530 列車出発
 0800 着
 0900 ウダイプール観光
 1300 同市内のホテルにて昼食
 1700 列車に戻る
 1730 列車出発
 1915 列車内にて夕食

 第7日
 0630 バーラトプル着
 0700 列車内にて朝食
 0800 ケオラデオ・ガナ野鳥公園を観光
 0900 バスにて移動
 1100 ファティープル・シークリ着、同地観光
 1300 アグラ着、同市内ホテルにて昼食
 1430 同地観光
 1900 列車に戻る
 1915 列車内にて夕食
 2100 列車出発

 第8日
 0400 デリー・カントンメント駅着
 0700 列車内にて朝食
 0800 チェックアウト、解散

サービス・設備など

 気になる「宮殿」ぶりだが、やはりなかなかのもの。

e0074199_16542261.jpg デリー・カントンメント駅の一角に、専用の待合室が設けられ、ラージャスターン州の民族衣装を着た人が民族楽器の演奏をしている。
e0074199_1792796.jpge0074199_179976.jpg 編成は、ディーゼル機関1両、客車16両、食堂車2両、バー(飲酒)車1両、スタッフおよび貨物車2~3両。客車には、ジャイサルメールウダイプールなど、ラージャスターンの主要都市の名が付けられている。
 僕が乗った車両名は、ブンディ。
e0074199_17111371.jpge0074199_1710213.jpg ブンディは、ジャイプールの南約200kmに位置する、中世期に藩王国の首都として栄えた街だ。
 各車両は、小さな応接間(朝食はここで食べる)と3つの客室から成り、2人の専用乗務員が諸々の対応をしてくれる。
e0074199_17553475.jpge0074199_1756587.jpg 客室は少々手狭だが、寝たり読書したりするには十分の大きさ。フロ・トイレ、洗面は部屋ごとに付いていて、とても清潔。
 フロについては、ちゃんとお湯も出る。


その他の企画列車旅行

 この宮殿列車「Palace on Wheels」のほか、インドにはいくつかの企画列車旅行がある。

 Fairy Queen Train
e0074199_18415744.jpg 富士通提供の3分TV番組「世界の車窓から」でも出てきたので、知ってる人いるかも。
 1855年に東インド鉄道によって敷設された北インドの鉄道網を走る蒸気機関車として登場したFairy Queen号。現在走っている機関は、なんと1908年製でもうじき100歳になる。スピードは40~50kmそこそこしか出ないが、デリー・カントンメント駅~アルワール(ラージャスターン州)駅を1泊2日で往復する。金額は、7000ルピー(約18000円)。


 Deccan Odyssey
e0074199_18422092.jpg こちらは、ムンバイ版「Palace on Wheels」といったところで、7泊8日の行程で中央インドを周遊する。
 ムンバイのあるマハラシュトラ州の主要観光スポットなどを回るのだが、ムンバイ・ゴア・プネーなどの近代リゾート都市にも行くし、アウランガバードアジャンタエローラなどの史跡にも行く、盛り沢山な内容だ。価格は、「Palace on Wheels」とほぼ同額。


 The Royal Orient
e0074199_18425811.jpg 「Palace on Wheels」同様、7泊8日の行程だが、これはラージャスターン州とその南西のグジャラート州も回ってしまう、駆け足ツアーだ。
 ウダイプールチットールガルを回ったあと、グジャラート州に入り、アーメダバードやパリタナ(ジャイナ教の聖地)を周遊。最後にまたラージャスターン州ジャイプールによってからデリーに帰るという強行日程だ。価格は、「Palace on Wheels」とほぼ同額。
by bharat | 2005-11-11 00:38 | インドぶらり旅
第4回旅行は、ラージャスターン州都のジャイプール
 今回は、バス旅行。
 当社ゴア事務所から長期出張でデリーに来ていたインド人スタッフと、2人でジャイプール(Jaipur)に行って来た。


ラージャスターン州の州都
 今回行ったジャイプールは、ラージャスターン(Rajasthan)州の州都。
 ラージャスタン州は、インド西部の州で、前回行ったグジャラート州の北にある。西端はパキスタンとの国境。戦闘民族ラージプートがいた場所で、非常に独立心の強い民族であるがゆえに、インドの中でも独自の歴史を歩んできている。非常に名誉を重んじている同民族は、戦争で降参することを拒み、集団自害することを良しとしていた・・・日本の室町時代・戦国時代の武士の感覚に似ているかも。
 現在の地名になったのは、1037年にマイドゥル・ラオという小国王がアンベール城を陥落させ、その周辺地域の統治下にしたとき。因みに、ジャイプールの意味は「勝利の都:ジャイ(=勝利)、プル(=都)」。

 ムガル帝国隆盛期、第3代皇帝アクバルの時期には、ジャイプール王はムガルと君臣関係を持った。ムガル帝国の重臣としてジャイプールの支配権を確保した上、婚姻関係を結んで、関係強化に努めた。因みに、第4代ムガル皇帝ジャハーン・ギルは、アクバルとときのジャイプール王女との子供だ。このあたりの小国の生存方法も、日本の戦国時代に酷似してるな。
 
 ムガル衰退後は各ラージプート小国は次々と独立した。英国がインドに入ってきたのちも、同盟条約を結んで、政治的・経済的に英国に従うかわりに、統治権を保持した。この統治者がマハーラージャ・・・そう、あの『踊るマハラジャ』のマハラジャ。
 マハーラージャが与えられた立場に溺れてフヌケ化し、贅沢三昧するうち、ラージャスターン州の文化・教育レベルはどんどん低下、インド内の文盲率が最も高い州になったんだと。ちなみに、その後改善されて、今の識字率は約70%前後らしい。

 ジャイプールは、そんな州の州都で、人口約250万人。
e0074199_5494871.jpg

 デリーからも約300kmと近く、旧市街地のピンクシティや昔のマハラジャの宮殿、昔の天文台など見所も多いので、観光も盛ん。
 また、ここは良質の絨毯を産することでも有名で、店のオッチャン曰く「衣類はカシミール、絨毯はラージャスターン」なんだと。
e0074199_5502342.jpg

 ただ、街の通りはだいだい狭くて、ゴチャゴチャしていて、汚い。中心部に向かう大通りは絶えず渋滞しているし、道路の舗装状況も御世辞にも良いとは言えない。
 人口の割りに、デリーと同じくらい物乞いの姿が目立ってたなぁ。
 まぁ、ある意味で、とてもインドっぽくて、僕はとても気に入ったんだけど。


安い! 長距離バス
 こちらは、とにかくバス・電車の値段が安い!
 インドは、飛行機国内線が高いので、余計にその価格差にインパクトが出てくるのだ。

 ラージャスターン州の出先事務所ビカネール・ハウス(Bikaner House)が、デリー市内のインド門近くにあり、そこから毎日州内主要都市に向けてバスが出ている。
 時間は、1時間~1時間半に1本のペースで、3本に1本くらいの割合でエアコン付。
 価格は、エアコン無しが250ルピー、エアコン付が375ルピー(だったと思う)。
 東京~名古屋くらいの距離を700円くらいで移動できるとは・・・うぅむ、なんと素晴らしい!

 出発当日、ゴア事務所の同僚と朝8:00にビカネール・ハウスで待ち合わせたんだけど、バスが8:00発で1本逃してしまった・・・で、仕方なく9:30のバスに乗った。しかも、運悪くエアコン無し。でも、当日はそんなに暑くなかったから、キツくなかった。

 国道を爆走すること約5時間余り、途中1回トイレ休憩を挟んでジャイプールに到着。

 到着したバス・ターミナル付近で、屋根に大量の客を載せたムチャクチャなバスと遭遇・・・・上の人たち、落っこちないのかしら。
e0074199_5505663.jpg



 バス・ターミナルで帰りの便のチケットを購入。
 帰りは、エアコン付がいいなと思い、19:00発のエアコン付Volvoバスにした。

 ターミナルから適当にブラついて、安宿を確保。
 RTDCツーリストホテル。
 RTDCは、Rajasthan Tourism Development Corporationの略、観光振興協会ってところかな?
 一泊一部屋400ルピー。 →1人200ルピー。
e0074199_5512094.jpg



 市内でラージャスターン料理屋へ。
 同州は一般的にベジタリアン料理がメインで、肉料理は出ない。
 ということで、ベジ・ターリー(野菜の大皿料理)を食べた。
 値段は、御代わり自由で60ルピー(≒150円)。
e0074199_5514631.jpg




  ・・・ホテル泊・・・


 前述のRTDC主催の1日観光ツアーに参加。
 英語のガイド説明付で、150ルピー(500円弱)、時間は9:00~18:00。

 早速申込みを済ませて、出発を待つが、バスが来ない・・・

 我々「ねぇ、バス来ないよ?」
 受付「あと2分で来るよ。」

 ・・・2分後・・・

 我々「ねぇ、バス来ないよ?」
 受付「あと2分で来るよ。」

 ・・・2分後・・・

 我々「ねぇ、バス来ないよ?」
 受付「あと2分で来るよ。」

 ・・・・30分後・・・・

 来た、モノ凄いボロいのが・・・・まぁ、安いし仕方が無いかな。

 9時40分頃、バスに乗込む。
 出発までに更にそこから10分くらいかかったが、コブラ使いを見て時間を潰した。
e0074199_15473378.jpg




 回った順番は忘れてしまったが、こんなところを見て回りました。


ラクシュミナラヤン寺院
e0074199_1516926.jpg

 という名前だったと思う。
 なにせ、「ガイドの英語説明」がとんでもないハッタリで、70過ぎくらいのおじいちゃんが英語だがヒンディーだが聞き取れないボリュームでモゴモゴ喋るだけで、何言ってるか全っ然分からなかった・・・150ルピーだし、仕方が無いか。

 ヒンドゥー教の神様の1人ラクシュミーを祀った寺院。
 一般参拝者に交じって、見学。
e0074199_15164068.jpg


風の宮殿(Hawa Mahal)

 壁をピンク色に塗った(ピンクというより薄いオレンジ色だったけど)、旧市街地に入って、大通りを進むと見えてくる。
 もともと、ラハラジャたちが道行く平民の生活を眺めるために作った建物で、だから道路に面する側にたくさん窓がある。
e0074199_1523294.jpg



天文台(Jantar Mantar)

 1728年、ときの王ジャイ・シンが立てた天文観測所。天文学に造詣が深く、学者を海外派遣して天文学を勉強させ、彼らにこの天文台を作らせた。
 僕は、あまり造詣が深くないので、写真も撮らず・・・。


シティパレス

 ピンクシティのちょうど中心に位置し、綺麗な外壁の内側には博物館やらギフトショップやらが入っている。
e0074199_1532539.jpg



アンベール城(Amber Fort)

 かつて今のジャイプール市街地に都が築かれるまで、小国の首都だった城。
 山城形式になっていて、高い城壁・分厚い門に守られている。
 中には、戦闘施設のほか、宮殿などもあって、外見とは打って変わって綺麗な印象だった。
e0074199_1538392.jpg

e0074199_15385416.jpg

e0074199_15394437.jpg

e0074199_15402781.jpg



ジャイガール城(Jaigarh Fort)

 こちらも要塞。
 1726年にジャイ・シンが建てた要塞で、一度も戦火を浴びてないので、城壁などは崩れずに綺麗に残っている。
 世界最大のキャノン砲が自慢・・・どうやってここまで持ってきたんだろうか(ここで組み立てたのかな)。
e0074199_15444749.jpg

 砲台が展望台として開放されていて、とてもいい眺め。ジャイプール市街地の様子を一望出来る。
e0074199_15452728.jpg




 結局、出発時間の遅れが祟り、ツアーから帰ってきたのは、20:00前。
 我々のVolvoバスはとっくに出発してた。

 バスのチケットカウンターでひたすらゴネたら、20:30くらいの臨時便に2席ネジ込んでくれて、なんとか帰ることが出来た(エアコン無しだったけど)・・・やれやれ。
 


<後日談>
 ここジャイプールへは、その後再訪した。
 そのときの様子は、コチラ


オススメ度(100%個人主観)

 ★★★★☆
by bharat | 2005-08-16 15:22 | インドぶらり旅