タグ:紛争 ( 2 ) タグの人気記事
10月29日夕刻、デリー市内にて同時爆破テロ発生

 昨日、デリー市内3箇所で同時爆破テロが発生した。

 今日(10月30日)は、午前中にブラブラとデリー観光でもと思っていたのだが、朝から現地TVニュースに釘付けである。e0074199_15301953.jpg







テロ概要

 ニュースによれば、テロが起きたのは以下の3箇所。

① パハルガンジ(Paharganj)
 旧市街(所謂オールド・デリー)地域で、現地人の中~低所得者たちの住宅街が多く存在。
 鉄道の駅も近くて、安宿も多いので、外国人バックパッカーたちの溜まり場になっている場所も多数ある。

② サロジニ・マーケット(Sarojini Market)
 デリーのやや南に位置する、大きな市場。
 生地製品や雑貨を扱う小規模店舗が乱立する典型的なインドの市場で、金額の安さ(ガイジン向けマーケットではないので)からいつも多くの人でゴッタ返している。

③ オクラ(Okhla)
 工業地域らしいが、詳しいことは知らない・・・。

 上記3箇所で10月29日17:00~18:00にかけて、爆発が発生。
 今朝のニュースの段階では、死者49名、負傷者114名。


テロ発生時の環境

 インドでは、10月末~11月初旬にかけて、ディワリあるいはディープワーリー(Diwali/Deepavali)というインド最大のお祭りが行われる。
 具体的日程は年によって異なるが、今年は11月1日に実施される。

 この時期、人々は自宅や商店を電飾で装飾し、爆竹や花火を付けたり、ロウソクに火を灯したりして、銘々にお祝いをする。

 町中がこんな状況だから、昨日、怪しい物体にライターで火を付けてようが、全然怪しまれないわけだ。政府系の重要な建造物ぢゃなくて、一般的な市街地でテロがあったのは、そのせいだろうと思われる。

 実は、今年8月15日のインド独立記念日、インド政府はテロに相当警戒していた。
 それが杞憂に終わったと思っていた矢先の今回のテロ。
 暫くは、市内の警備が厳重になりそぉだ。


スーパー・ポジティブ

 こんな事件でさぞディワリにも暗い影響があるのではと勝手に心配する僕に、たった今インド人友達からメールが。

  「昨日の事件は大変だったね。君も気をつけてね。
   ハッピー・ディワリ!!」


 ・・・なんだろ、この超楽観主義・・・。
 まぁ、僕もかなりこの類の思考回路があるので、気持ちは分からんでも無いが・・・。
by bharat | 2005-10-30 11:18 | ふと思うこと
第9回旅行は、シク教徒の総本山アムリッツァル
 今回は、日系企業駐在員の奥様とその御友達の旅行に、付いて行ってのもの。
 快適な日本車での移動、とても楽させて頂きました。
 御両名、この場を借りて御礼申上げます。

シク教徒の総本山、アムリッツァルの黄金寺院!
 今回行ったのは、デリーの北西約430km、アムリッツァル(Amritsar)。
 同地にある寺院は、その姿から黄金寺院(Golden Temple)と呼ばれ、シク教徒の総本山だ。

 シク教徒は、インドに約2,000万人おり(いっぱいいるようだが全人口比は数%)、一般的に頭にターバンを巻いている(そうでない人もいるが)。
 シク教の開祖はナーナクというグル(導師)で、ヒンドゥー教・イスラム教双方の合理的な要素を取入れて教義を完成したと言われている。ヒンドゥー教の輪廻転生の概念はあるが、カースト制度には反対しており、苦行を行う必要も無い。またイスラム教同様に、唯一神を崇拝する。聖典は「グル・グラント・サーヒブ」と言われ、10人のグルの言葉を纏めたものだ。
 敬虔な信徒が、ヒゲを生やし、ターバンを巻いているのは、髪を切らずヒゲを剃らないことが神聖性を象徴すると考えられているからだ。

 で、この黄金寺院は、1604年に5代目のグルが建立したもの。その当時は黄金ぢゃなかったんだが、18世紀後半にシク王国を建国したランジート・シンが、1802年に屋根を金箔で覆って、今の姿になった。


 デリーから車で飛ばすこと約10時間、黄金寺院に到着。
 観光地的な雰囲気はあまり無く、客引きもうっとうしいほどでは無い。

 早速、靴を脱いで敷地内へ。

 ・・・と、いきなり池の真ん中に浮かぶようにピカピカの建物が見えてきた。
e0074199_53688.jpg


 テカリ具合が、日本の金閣寺の比ぢゃ無い。
 ホントにまぶしい。
e0074199_5415058.jpg


 因みに、周りの建物の頭頂部もテカッてた。
e0074199_5424651.jpg


 池の水は不死を象徴し、寺院本堂へは一本の橋が渡されている。
 尚、本堂には4つの入り口があって、4つのカースト(バラモン、クシャトリア、バイシャ、スードラ)が皆平等に扱われると言う教義を示している。
e0074199_548465.jpg


 本堂1階では、音楽に合せて経典を唱えていて、その前にあった賽銭箱からは札束が溢れ返っていた。
 因みに、この風景は絶えずテレビで生中継放映されている・・・視聴率どれくらいなんだろうか。
 3~4階まであるが、別に何があるって訳ぢゃ無い。


これも黄金寺院?

 次に行ったのは、ガイドブック曰く「ヒンドゥー教版 黄金寺院」と呼ばれる寺院。
 正式名称は、シュリ・ドゥルギヤナ寺院(Shri Durugiana Temple)。

 がしかし・・・ショボい。
 変に対抗意識があるにか、御堂の外には、金色の折り紙がヒラヒラ付いててチャッチいし、作りもパクリなんだけど、とってもウソ臭い。
e0074199_5545730.jpg



大虐殺の現場 ジャリアンワーラー庭園

 お次は、ジャリアンワーラー庭園(Jallianwara Bagh)。
 警備員のチェックを経て中に入ると、一見何の変哲の無い公園。
 現地人がレンガで出来た通路の影で涼んでいたりと、ごくありふれた風景だ。

 が、実態はさにあらず。
 反英運動が高まりを見せていた1919年4月13日、この公園でデモ(但し武器は持っていなかった)を行っていたインド人市民約20,000人に対して、英国軍が無差別発砲を行った。尚、出入り口は予め鍵が掛けられていたという用意周到かつ陰険なこの行為によって、400名弱が死亡、1,500名あまりが負傷した。このシーンは、映画『ガンジー』や『ザ・レジェンド・オブ・バガット・シン』でも取り上げられていて、鍵の掛けられた出入り口にしがみつきながら撃ち殺されるところや、井戸に飛び込んで転落死するところなどが映像化されている。
 実際に銃弾の痕がところどころに残り、井戸もそのまま残存している。
e0074199_675160.jpg



もう一つの流血事件

 アムリッツァルは、1919年の事件のほかに、ごく最近、流血事件があったことでも知られている。
 穀倉地帯として大きな富を得るようになったパンジャーブ州の人々は、その富を中央政府に搾取されることに反発を覚え、1980年代に入ると、シク教徒の中の過激派が反政府運動を展開するようになる。1984年には、急進派と言われるビンドワンワーレー他1,000名が黄金寺院に立て篭もった。
 これに対して、インディラ・ガンジー首相はブルースターオペレーション(青い星作戦)を強行、黄金寺院を急襲し、過激派数百名を掃討した。
 事件そのものはこれで収まったが、シク教の総本山を汚したとして反発は激化、ついには首相がシク教徒の護衛によって暗殺されてしまう。
 今度は、これに怒ったヒンドゥー教徒がシク教徒を無差別的に襲撃する動きが起きる。頭にターバンを巻いて、ヒゲを生やしているシク教徒は、何とも分かり易い標的だった(この時期にターバンをやめ、ヒゲを剃るシク教徒が結構いたとか)。

 今は平静を保っているし、当社事務所でもみんな仲良く仕事をしている。
 でもほんの20年前にそんなことがあったとは・・・宗教が絡んだ争いは根深いね。


パキスタンとの国境

 アムリッツァルからほど近く、アタリ(Attari)という場所へ。
e0074199_6273483.jpg

 ここはパキスタンとの国境で、毎日日没時には、セレモニーが行われる。
 次の場所に移動するため、日没まではいられなかったが、儀式を撮影したVCDを店の兄ちゃんから50ルピー(約130円)で購入。


 アムリッツァルは、これでおしまい。
 黄金寺院のほかにはあまり見所は無いが、寺院だけでも一見の価値有り。


オススメ度(100%個人主観)

   ★★★★☆ ・・・ インドの「金閣寺」 一度は観るべし
by bharat | 2005-09-22 04:57 | インドぶらり旅